私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド

日本ではあまり見かけない果物、キウイベリーを知っていますか?

 

f:id:RnMtravelwithkids:20190327100526j:plain

今日は娘が大好きな、キウイベリーについてブログで紹介したいと思います。

 

目次:

 

キウイベリーを食べたことがありますか?

 

f:id:RnMtravelwithkids:20190327100656j:plain

オーストラリアで数年前から見るようになったキウイベリー

 

私が日本に住んでいた時(14年前)は一度も見たことがなく、食べたこともなかったのですが、皆さんはキウイベリーを見かけたり食べたりしたことがありますか?

 

キウイベリーのサイズは2-3cm程。

 

キウイフルーツのように皮に茶色の毛は生えておらず、表面はつるつるしているので、さっと洗って皮ごと食べることが出来ます。

 

キウイベリーと言うけど、実はキウイとは別の種類の果物で、マタタビ科のサルシナの実だと言うことでした。


ベビー・キウイ/キウイベリー/サルナシの実:旬の果物百科

 

毎年3月の短い期間中に売られており、娘のお弁当に入れるのにぴったりなサイズなので、見かけたら買うようにしています。

 

半分に切ってみると、中身はキウイフルーツそのもの!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20190327101217j:plain

キウイ・ベリーを半分に切ってみると、中身はキウイフルーツそのもの!

 

味もキウイフルーツに似ていて甘いのですが、食べた後に独特の渋みも残ります。

試しに皮をむいて食べてみると渋みは感じなかったので、もしかしたら皮が渋いのかも?

 

こんなに見た目も味も似ているのに、違う種類の果物なんて不思議ですよね。

 

キウイフルーツは小さい実の中に色々な栄養素がぎゅっと詰まっているようで、スーパーフルーツと言われてもいるようです。

 

1パックは$3(240円)、2パック買うと$5だったので、我家は2パック購入しました。

 

小さくてそのまま食べれるので、お弁当にいれるのにぴったり!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20190327101941j:plain

キウイベリーは皮を剥かずにパクっとそのまま食べることが出来るので、子供のお弁当にいれるのにぴったり!

 

この日は小籠包ランチのお供にキウイベリーを入れてみました。

見た目がとてもキュート(*´艸`*)♡

 

娘は上の方についている「ひげ」のようが気になるようで、取って食べているようです。

 

まとめ

 

キウイベリーはオーストラリアでメジャーなフルーツということはなく、ごく限られた時期のみスーパーや野菜屋さんで見かけることが出来ます。

 

オーストラリアはフルーツ大国で、日本で見たことがないような色々な種類のフルーツを見かけることが多く、そのたびに新しいフルーツを試すのが楽しみ♡

 

いつか機会があれば、オーストラリアで食べられる様々なフルーツ達もブログでも紹介してみたいと思っています!

 

以上、日本ではあまり見かけないフルーツ、キウイベリーを知っていますか?でした。