私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド♪

【物より思い出を大事にして欲しい】我家の娘へのクリスマスプレゼントと、オーストラリアのクリスマスの過し方

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171114152006j:plain

トナカイのフェイスペインティングをしてもらった娘。

 

少し更新が滞りましたが、今日はオーストラリアでのクリスマスの過し方や、我家の娘へのクリスマスプレゼントについて書いてみようと思います。

 

目次:

何歳までサンタクロースを信じている?

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171114151027j:plain

日本の子供達は、何歳くらいまでサンタさんを信じているものなのでしょうか?

 私が娘の年齢だった頃には(7歳)、すでにサンタクロースは両親なんだろうな・・・と分かっていた気がします。

 

我家の娘は、学校で「サンタなんていないよ!両親がプレゼントを買っておいてるに決まってるよ!」と友達から少々馬鹿にされても、まだサンタクロースがいると信じているようで、今年もクリスマスイブの夜には、プレゼントを運んで来てくれるサンタさんとトナカイさんにクッキーとミルク、そして人参を用意する予定のようです。

 

何歳までサンタを信じてくれるのかな?サンタさんを信じている純粋な今が、一番可愛い時期なのかもしれませんね。

 

オーストラリアのクリスマスの過し方と、子供のクリスマスプレゼント事情

 

オーストラリアのクリスマスは、家族が集まって過ごすことが一般的

 海外や国内の色々な場所に住んでいる家族のメンバーが、クリスマスには両親のお家などに大集合!

 

BBQやシーフード、大きなロースト・ハム(何キロもあるやつ!)を食べ、デザートには季節のフルーツやクリスマス・プディング(←これは、正直全く美味しいとは思えない)を食べて、わいわい過します。

 そして大きなクリスマスツリーの下に沢山のプレゼントを置き、クリスマスの朝にそれをあけるのが、クリスマスの過し方のよう。

 

移民が多いオーストラリアなので、色々な文化または宗教を信じている人もいて、全く違ったクリスマスを過している家庭も多々あるのですが、上記はあくまでも一般的な、オーストラリアのクリスマスの過し方です。

 

さてオーストラリアの子供達、集まった親戚や家族のそれぞれからクリスマスのプレゼントを貰うことも多いようで、10個、15個と貰う子供も結構いるよう。日本と比べて、多いですよね!

 

私の知っている友人には、大家族だからか、クリスマスは$1000以上もプレゼントに使うという人も・・・(-_-;

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171114153234j:plain

有名な、Myer(オーストラリアのデパート)のクリスマスウィンドウ。毎年趣向を凝らしたデコレーションで、メルボルンに住む人を楽しませてくれます。

 

クリスマスプレゼントは返品可能!面白いなと思った、オーストラリアのクリスマスプレゼント事情

 

オーストラリアに来て、クリスマスで面白いなと思ったことがあります。

それはクリスマスプレゼントを貰った人が、気に入らなかったり、二つ同じようなものを貰ってしまったと言った場合に返品出来ること。

 

送る相手が、プレゼントと一緒にレシートを入れて渡した場合、購入したお店に商品とレシートを持っていくと、返品が出来るらしいのです。

 勿論全てのお店でこのような制度があるわけじゃないけど、デパートなどの少し高級なお店は、そういう制度をとっているところが多いように思います。

 

返品した場合は、同じ店舗内(またはデパート内など)で使えるギフトカードにしてくれたり、相手が支払った額の分の買い物を出来るようで、お金で返してくれるところはあまりないよう

でも個人的には、返品出来るのは良い制度だなと思います。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171031200322j:plain

我家の娘へのクリスマスプレゼント①

 

私の旦那さんはマレーシアン・チャイニーズ(キリスト教でもありません)で、マレーシアに住んでいる時は、クリスマスをお祝いすることはなかったそうです。

勿論クリスマスプレゼントの交換をする習慣もなし。だから彼的には、当初娘へのクリスマスプレゼントはいらないのでは?という考えでした。

 

でも娘はオーストラリア生まれのオーストラリア育ち。

お友達からクリスマスプレゼントの話を聞いてくるわけで、何もあげないのは可哀相・・・。

 

この話を日本の両親にすると、是非孫にクリスマスプレゼントを買ってあげたい!と言う話になり、娘は毎年欲しい物を一つだけ(日本の)サンタさんにお願いすることが出来ます。

 

今年のクリスマスのプレゼントに娘は、たまごっちMixと、それに付けるストラップをお願いしたようなので、クリスマスには彼女の手元に届く予定。

 たまごっちの言葉は日本語なので、日本語にもっと興味を持ってくれるきっかけになれば!と淡い期待をしているんですが、どうなることやら・・・。

 

物より思い出を大事にして欲しい!我家の娘へのプレゼント②

 

上にも書いたように、私の娘が貰える(自分が欲しい)クリスマスプレゼントは基本的には一つだけです。

 

でも、実は結構貰うんですよね・・・クリスマスプレゼント。

 クリスマスの時期に友人に会うと、必ずと言っていい程娘にクリスマスプレゼントをくれます。絵本や服、小さな玩具や、彼女が好きなチーズまで!本当に色々なものを貰います。

 

なので、私達からは物のプレゼントは買わないようにしています。

 

親の私達からのクリスマスプレゼントは、思い出には残るけど、手元に残らない物

1泊2日で近場のビーチに旅行にいったり、彼女の好きなアートのクラスだったり、サーカスやパン作りのクラス等を毎年プレゼント。

 

今年はメルボルン水族館の体験クラスにしようか考え中。

 

半日水族館で魚たちに餌をあげたり、専門のスタッフから実際の作業を通して色々なお話を聞いたり、このクラスでしかアクセス出来ない場所に入ることが出来たりと、盛り沢山!滅多に出来ない経験だし、きっと思い出に残るはず。

 

うちの娘は小さい頃から、玩具は買い与えても1週間もしないで飽きて遊ばなくなってしまうことが多く、だからと言うのと、物よりも思い出を大事にして育って欲しいという気持ちから、こういうプレゼントを娘にすることにしました。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171114155355j:plain

我家のクリスマスの過し方

私達はオーストラリアに家族はいないので、クリスマスの長ーいホリデーはマレーシアに帰ることが多いです。今年は行って来たばかりなので行かないけど、来年の年末はたぶんまたマレーシアで過すと思います。

 

オーストラリアで過す夏のクリスマス。いつまで経っても暑いクリスマスに違和感がありますが、今年は友人と会ったり、子供向けのクリスマスイベントに参加しつつ、メルボルンでのんびり過そうと思っています。

 

皆さんはどのようなクリスマスを過しますか?お時間があったら、是非教えて下さいね♪

 

以上、【物より思い出を大事にして欲しい】我家のクリスマスプレゼントと、オーストラリアのクリスマスの過し方でした♪

 

 

メルボルンに住んでいるなら、こちらのユニークなAirbnbのトラムホテルもおすすめ♪