私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド♪

【Airbnbの森のトラムホテルに宿泊】メルボルンから1時間!森の中のトラムホテルは、想像以上に素敵だった♡

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171106190927j:plain

11月のメルボルンは、一大イベントのメルボルンカップがあり(競馬に興味がない人には、単なる祝日だけど)メルボルンのシティではドレスアップして華やかな帽子をつけた女性やびしっとしたスーツ姿の男性が街を沢山歩いていて、とても華やかです。

 

メルボルンカップとは?

1861年に創設された歴史あるレースであるとともに、現在のオセアニアでの最高賞金額の競走(2014年は、賞金総額600万オーストラリアドル)である。

毎年この競走の開催日は、メルボルン大都市圏ではメルボルンカップ・デーとして祝日となる。The Race that stops a Nation(国の動きを止めるレース)と呼ばれ、オーストラリアの国民的行事となっている。

Wikipediaより引用

 

今年のメルボルンカップは、7日の火曜日。

土日は普通に休みで、月曜日は平日。火曜日はメルボルンカップの祝日となるわけですが、娘の学校は月曜日がお休み!まだ有給が少し残っている旦那さんに休みをとってもらい、4連休にすることにしました。

 

ただ我家は全く競馬にも賭け事にも興味がないので、この休みを使って近場に1泊2日で小旅行に行くことに。

 最近年をとったからか、海外旅行よりも、近場で移動時間が少ない、1泊か2泊の旅行の方が、気持ち的にも身体的にもリラックス出来るような気がします。

 

メルボルン近郊には、ガイドブックには載っていない、マイナーだけど自然溢れる素敵な場所が沢山あります。

+大好きで日々ストックしているAirbnbの憧れリストから、それ程値段が高くない物件に泊まるのが最近のお気に入り♪

 

Airbnbはここ数年大好き過ぎて、旅行の目的の半分くらいが、素敵な宿泊先に泊まること!になっていることも多いです。

 

今日紹介するのも、そのうちのひとつ。

メルボルンがあるヴィクトリア州のAirbnbリストでも、常にTop20リストに入っているお家で、今回念願かなって泊まることが出来ました7ヶ月前から予約

 

沢山写真を撮ったので、ずらっと写真ばかりの記事になりそうですが、楽しんでいただけると嬉しいです♪

 

目次:

 

 森の中のトラムホテル

f:id:RnMtravelwithkids:20171106184553j:plain

このホテルは、メルボルンから車で約1時間のKynetonという小さな街にあります(実際は、この街から車で3分のところにある)

www.airbnb.com.au

古い捨てられたトラムを、ホストのアンジェラさんが改装し、泊まることの出来るトラムホテルにしたそうです。

 

車内はレトロなオリジナルのトラム部分も残しつつ、素敵にデコレーションされていて、とても快適!

リビング部分にはウッドファイヤーの暖炉があり、私達が来る前につけてくれたようで、部屋は暖かくなっていました

 

また部屋には、自由に遊ぶことが出来る沢山のゲームや本があり、TVはなくても静かなトラムホテルの夜を、楽しく過ごすことが出来ます。

 

キッチン部分は、レトロで可愛い

f:id:RnMtravelwithkids:20171106184736j:plain

トラムホテルの可愛いキッチン。

 

車内はベットルーム、リビングルーム、キッチンとバー(ご飯を食べるカウンター)シャワールームと洗面台、トイレに分かれていて、3人で泊まっても、思い思いの場所でくつろぐことが出来、それ程狭く感じませんでした。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171106190440j:plain

  キッチンには調理器具や調味料、お皿やコップなどが全てそろっており、バーの横にはシリアルが数種類。冷蔵庫にはバター、ピーナッツバター、ジャム、牛乳などが入っていて、自由に使うことが出来ます!

朝はこの可愛いキッチンで、のんびりスペシャルな朝ご飯を作り、みんなで食べました♪

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171106184855j:plain

朝ご飯を食べたのは、このキッチンの向かい側にあるバー部分。窓からは外の景色がみることが出来、太陽の光も沢山はいって明るく、とても気持ち良い!

 

トラムホテルのベットルーム♡

f:id:RnMtravelwithkids:20171106183518j:plain

トラムホテルのベットルームにはクイーンサイズのベットがあり、ベットサイドには本を読む用のライト、部屋をぐるっと囲む大きな窓と服をかける部分、荷物をいれるストアボックス兼座るソファーなどがありました。

 

ベットルームにはエアコンが付いており、夜は寒いけど部屋は暖か。

ただクイーンサイズのベットは2人には広々だけど、3人で寝るのは多少窮屈かも・・・。夜は風の音だけが、朝はカーテンの間からさす日差しと鳥の鳴き声で目を覚ましました。


シャワーと、初めて使った!コンポスト・トイレ

f:id:RnMtravelwithkids:20171106192305j:plain

コンパクトだけど色合いがとっても可愛いシャワー。シャンプーやタオルなども全て揃っています。向かいには、これまたコンパクトだけど機能的な洗面台がありました。

 

トイレは、人生で初めて使うコンポストトイレ

水を流さないタイプのトイレで、環境にも優しく、使う前はドキドキしたけど、特に匂いもなく、全く問題なかったです。

 

敷地内には、子供が喜ぶものがいっぱい♡

f:id:RnMtravelwithkids:20171106192730j:plain

ホテルの敷地内は、自由にみたり歩きまわることが出来ます。

 

宿泊客が自由に使えるダーツ、バトミントン、クリケット、輪投げ、子供用の車の乗り物などがあり、他にもハンモック、別の建物にはバーエリア、BBQエリアなどがあり、子供と一緒に行くのにもぴったりでした。

 

本当は到着した後も、このホテルの近くの観光地にいく予定だったのに、結局行かず夕方までトラムホテルの敷地内で遊ぶことに!

バトミントンしたのなんて、本当に久し振り!ついつい時間を忘れて、娘と遊びました!

 

夜はマシュマロトーストと、花火!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171106193149j:plain

夜はホテルの周りの小さいライトを付けて、トラムをライトアップ!そして楽しみにしていたキャンプファイヤー。

 

ずっとしたかった、マシュマロトーストをして食べ、花火が禁止のオーストラリアでは(日本のような手持ち花火は基本的に禁止)子供達は滅多に花火を出来ないのだけど、誕生日のケーキにさす用の、唯一使うことが許されている花火を持って行ったので、娘と一緒に楽しみました。

 

初めてする花火に、娘はわくわく!

随分楽しかったようで、帰って来てからもずっと花火とマシュマロトーストの話ばかりしています(笑)

 

トラムホテルに泊まってみた、正直な感想

 

まずこの記事では、トラムホテルと書いていますが、実際にはホテルではなく、あくまでも民泊です。

 

ホストとは最初に挨拶をし、施設の説明を聞いてからは会うことはなく、帰りも鍵を指定のところにおいて、そのまま宿を立ち去りました(他のAirbnb物件も、こういうところが多い)

 

ホテルのようにきめ細かいサービスはなく、全てのことを自分でするタイプの宿泊先です。お皿などは自由に使えますが、清掃費を今回はとられなかったので、使ったお皿は自分で洗い戻す必要がありましたが、私には全く問題なかったです。

 

実際に泊まってみて少し気になったのは、AirbnbのHPでみた写真に比べ、実際の外観に少し古さを感じたところ。

敷地はいかにも森のど真ん中にあるよ!っていう感じだったけど、実際はメインロードに近かったこと。お隣の建物とのフェンスが真横にあったところ・・・などなど、いくつか想像していたものと違うところがありました。

 

Airbnbで泊まる物件は、あくまでもホテルではない。

「ユニークな体験や、予算にあった人のおうちを借りて泊まる」と言うことを頭に入れて利用すれば、とても素敵な体験になると思いますよ♪

 

Arbnbの宿泊が4000円割引! 

www.airbnb.com.au

Airbnbでは、初めて登録してAirbnbを利用する人が使える割引制度があります。

 

もしもまだAirbnbに未登録で、利用する予定がある人は、こちら(ここをクリックすると割引が貰えるページに飛びます)から登録すれば、オーストラリアドルで$50(日本円で4000円ちょっと)の割引が受けられます。

 

注意点としては、この割引が利用出来るのは、宿泊料の合計がオーストラリアドルで$100以上の場合になります(約8600円)

泊まるのは、どこの国のAirbnb物件でも大丈夫なので、もし利用してみよう!と思っている方は、お得なので使って見て下さい♪

 

トラムホテルの周りの、おすすめ観光地

f:id:RnMtravelwithkids:20171106194753j:plain

トラムホテルの周りには、沢山の観光地があります。ハンギングロックはメルボルンから、車で1時間ほど。

 

15分ほどの短いロックトレッキングコースは、難易度も低く、子供でも登れるので楽しいし(赤ちゃん連れにも登っていける、別のゆるやかな道も用意されている)見晴らしも最高!

 

駐車場のまわりには、ピクニックエリア、小さな公園、カフェやお土産屋さんもあり、これからの季節に訪れるにはおすすめ♪

 

ただ私達は上のサミットエリアまで登ったのですが、道に迷ってしまい、少しはらはらする場面があったので、子供と一緒なら目を離さないように、どこからどういう風に登ったか覚えて行くと良いと思います。

 

でも電話の電波は常にあり、何かあった時は電話が使えるので、その部分は安心だったんですけどね。登って行った場所にはトイレがないので、登る前にすませておきましょう。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171106195459j:plain

マウント・マセドンマは、ハンギングロックから、さらに車で約10分ほどのところにあります。

 

 

 メモリアルクロス(大きな十字架)が有名だけど、私達は見晴台からみれる素敵な景色と、山の途中途中にある、短くて歩きやすいトレッキングコースがおすすめ。

子供でも問題なく歩ける短いコースが多いし、色々な鳥や虫、珍しい植物もみることが出来ますよ♪

 

他にもマウント・マセドンには、いくつも素敵な庭園があり、入場料は必要だけど一般の人でも訪れることが出来ます。お勧めの時期はメルボルンの秋!紅葉がとっても綺麗です。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171106195740j:plain

マセドンマウンテンから車で30分ほどのTurpin Fallsは、かなり規模の大きい滝で、ここでは壮大な景色がみれます。

  

 大きな滝は、滝つぼまで降りれることが結構規制されていることが多いんだけど、ここは下まで降りることが出来ます。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171106200617j:plain

 結構急な道を歩くことになるので、歩きやすい靴を履いて行くのがおすすめ。

7歳の娘でも問題なく歩くことが出来ました。

 

夏はこの滝つぼで泳ぐことが出来るようですが、正直水はそれ程綺麗じゃなかったなぁ・・・まぁ時期にもよるのかもしれないけど。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171106200749j:plain

まとめ♡

1泊2日の旅行でしたが、ユニークな体験が沢山出来て、とっても楽しかったです!

メルボルンはオーストラリアでは大きな都市ですが、まだまだ1時間もドライブして行けば自然がいっぱい!みるところも沢山あります。

 

写真のように、アイスを食べてたら突然カンガルーがのぞきに来たり、サンドイッチを食べてたら、カラフルな鳥が「パンちょうだーい」と横に座ってきて、パンをおねだりしてくることもあります(笑)

 

もしもメルボルンに来る機会があったら、Cityだけじゃなく、是非レンタカーをかりて、少し郊外まで足を運んで見ることをおすすめします♪

 

素敵なAirbnb物件も沢山ありますよ!

私達も泊まりたいリストを少しずつですが、1つずつ泊まって行っているので、また素敵な場所に泊まった時は、ブログで紹介したいと思います。

 

以上、【Airbnbの森のトラムホテルに宿泊】メルボルンから1時間!森の中のトラムホテルは、想像以上に素敵だった♡でした!