私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド

【子供連れバリ旅行】バリ島は子供連れの旅行に向いてる?子供と一緒にバリを訪れた、私の正直な感想

 f:id:RnMtravelwithkids:20171026184217j:plain

 バリ島のアグン山の噴火危機で、8日間の予定を3泊4日で(ほとんど中2日)切り上げて帰って来てしまった!という話を少し前に書いたと思います。

 

読んでいない方はこちらをどうぞ↓

 

今日はバリは子供連れ旅行に向いているか?について、実際に訪れてみて思った私の個人的な感想を書いてみようと思います。

 

あくまで一個人としての感想ですので、皆さんの参考になるかどうかは分かりませんが、「へーそんなこともあるんだね!」くらいな感じで読んでいただけると嬉しいです!

 

バリ島は子供連れの旅行に向いてる?子供と一緒にバリを訪れた、私の正直な感想

目次:

 

クタの街歩きは、小さな子供連れには向いてない!街歩きを楽しみたいなら、滞在エリアを選ぼう!

 

バリの歩道は狭く、整備されて来ている場所も増えて来てはいるけど、足場も悪いところが多いです。

 

また観光客に人気のエリアは、どこに行ってももの凄い数のバイクや車がびゅんびゅんと次から次に走っています。歩道のぎりぎりを走るバイクに、娘がひっかけられるのでは!と、旅行中は終始ひやひやしながら歩きました。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171026185212j:plain

道を反対側に渡る時も、子供が渡っているからと言って、スピードをゆるめてくれるわけでもなく、怖い思いをすることも…(信号付きの横断歩道は、私はほとんどみませんでした)

 

クタのエリアに関しては、歩道が壊れていたりマンホールの蓋があいてたりと、普通の歩道はベビーカーを押してのんびり歩ける感じではなかったです。

道を赤ちゃんと歩くなら、抱っこの方がよっぽど安全で早いと思う。

 

2日目にクタにあるホテルから徒歩6分の朝市を見に行ったのですが、道が悪かったり、車やバイクに注意しながら歩いたら15分もかかってしまいました!

 

娘の他にも高齢の父が道を渡る時に、歩くのが遅くて「ビービー!!」っとクラクションを鳴らされたりと、常に周りに気を付けていなければならなく、少しの外出だったのに気疲れでぐったりしてしまいました。

 

クタは特に交通量が多いので、小さい子供連れと高齢であまり早く歩けない(道を渡る時に危ない)人を連れての街歩きは難しいと思います。

 

クタに比べると、クロボカンは道も整備されていて、交通量も少しだけ少なく、歩道の幅も広く歩きやすかった!ベビーカーを押してお散歩している人も、ちらほら見ましたよ♪

 

このように滞在エリアによっても、外を歩きにくかったりするので、子供連れの時は滞在エリアを目的によって選ぶと良いと思います(リゾートに滞在して、観光はチャーターカーを使うなら、どこでも全く問題なし!)

 

ホテルの選択肢が沢山あり、予算に合わせて旅が出来る!格安ホテルだってプール付き♪

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171026190514j:plain

バリを子供連れで旅するひとつの魅力としては、ホテルの数が多く競争が激しいため、中級のホテルでもレベルが高いところが多く、また宿泊料も安目なので、低予算でも旅行を楽しめることだと思います。

 

私が1日目に泊まったホテルは、クタの中心部やメインエリア、クタビーチまで徒歩10程の割と便利な場所にありました。

 飛行機が夜便で、ホテルは基本的に寝るだけだったので、安いとこをが良いと思い選択。

 

部屋はキングベットが1台。朝食付(大人2人分)3人で泊まって、1泊3800円と超格安!!!

広さも十分にある部屋は清潔で、バスタブはなくシャワーしかないけど、この値段なら問題なし!朝食のビュッフェ種類が豊富で美味しく、プールも広々。

 

日本ではこんな値段で3人が泊まれるところってないですよね!

このように格安のホテルでも、バリのホテルはほとんどプールがついているので、水遊びが好きな子供は喜ぶと思いますよ!

 

また旅慣れた人で英語が特になら、世界中で大人気のAirbnbを利用してみるのもおすすめです!超格安でゴージャスなプール付きヴィラを借りることも可能です。

 

Airbnbに興味のある方は、私達がバリで泊まった2階建てプール付きのプライベートビラについて紹介しています。是非参考にしてみて下さい。

 

旅行の出費って、航空券の次にお金がかかるのが宿泊費だと思うので、自分たちの予算にあったところを選べるのは助かると思います。

勿論素敵なリゾートも沢山あるので、非日常を味わいたい人にも、ぴったりのリゾートが見つかると思います。

 

想像以上に、娘の(それと両親の)口に合う食べ物を見つけるのが大変だった!

f:id:RnMtravelwithkids:20171026191729j:plain

食べ物ですが、マレーシア人の旦那さんの影響で、アジア料理は大体食べれる我が家の娘。

でも今回のバリ島旅行では、娘が全然バリのご飯をうけつけず、口にあう食べ物を探すのに大変苦労しました!

 

娘は半分マレーシア人だし、これまでに何度もマレーシアでサテやミーゴレン、ナシゴレンも食べているんですが、バリでは同じメニューを頼んでも、少し味付けが違うんでしょうね…食べてはみるものの口に合わないのか、全然食べれず!

 

私の両親も同じくそんな感じで、結局カフェでバーガーを食べたり、朝ご飯もパンを中心に食べることが多かったです。

 食は旅の楽しみの一つなのに、全然現地の食べ物を食べずに終ってしまいました(T_T)

 

またローカルのご飯だと安く済むけど、カフェなどで食べると、日本でご飯を食べるのと同じ位お金がかかるので(お洒落なお店は、最終的に色々な税金がかかって、額面以上に支払うことになる)食事は全然安上がりではなかったです。

 

子供連れの旅行なら我家のようにならないように、あらかじめ行くレストランやお店を下調べしておくと楽だと思いました。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171026193205j:plain

バリに子供連れで行くのなら、大型のリゾートでのんびり滞在がおすすめ!

 

子供連れでバリに行くなら、大型のリゾート滞在型の旅行が一番良いのかな?と今回の旅行を終えて、強く思いました。

 

理由は、バリでは街歩きは子供連れには向かないことを実感したから。

大型リゾートなら敷地内にいくつもプールやレストランがあり、さらにプライベートビーチがあるなら言うことなし!

 

キッズクラブがあるなら、子供を預けて親はのんびりマッサージを受けたり、外にいく時は少しだけタクシーで行きたい所に行けば移動も楽々♪

観光は日本語の話せるガイドさんのカーチャーターを頼み、冷房がきちんと効いている快適な車でまわるのが、色々なことを心配しなくて良いので楽だと思います。

 

普段日本で忙しい日々を送っているなら、これでもかっ!って言うほど、のーんびりとリゾートライフを満喫してみるのも良いかもしれませんよ!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171026193748j:plain

まとめ

 

チャナンや美しいフランジバニよりも、車とバイクの音や数が気になってしまった、今回のバリ旅行!

旅先には人によって、自分に合う場所とそうではない場所があると思うけど、今現在のバリ島は、残念だけど私達にとっては合わなかったんだと思う。

 

旅行の楽しみである、徒歩での街散策が子供連れでは難しかったこと。食べ物が口に合わなかったこと(娘と両親)、バリの美しい面よりも、移動での凄い渋滞、バイクや車や人の多さが気になり、空気は常に排気ガスの匂いがしたことなど…悪い面の方が強く印象に残ってしまいました。

 

滞在場所の問題じゃない?と言われれば、そうだと思います。

バリ島旅行の後半は、ウブドとサヌールだったから、最初に滞在したのがこっちだったら、また印象が違ったのかもしれない。

 

ただアグン山の噴火危機の問題があり、旅行を切り上げて早々に帰って来てしまったので、バリの良い面を全く感じることが出来ない旅になってしまいました。

 

なので、もし誰かに「バリ島は子供連れには向いてる?おすすめ?」と聞かれたら、正直な私の答えは「あまりおすすめではないかな…」と言うと思います。

 

でも大型リゾートを選んで、ホテルから出ずにのんびりしていたら旅行を満喫できていたかもしれないので、一言で「バリは子供向けでない!」と言ってしまうには難しいところです。

 なんだか微妙な感じで終りましたが(-_-;これが私の正直なバリ旅行の感想です。

 

実は私達、バリ島で結婚式をあげているんです!

だからバリ島は私達にとって大事な場所。でも前回行った時も行く1日前にテロがあり、多くの人が亡くなるという事件があり、行く前に随分心配したものです(結婚式は滞りなく終わりましたが)

 

今回娘に結婚式をあげた場所を見せてあげるのを楽しみにしていたのですが、そちらも叶わず。どうやら私達は、あまりバリ島にはいい縁がないようだと思った、今回の旅行でした。