私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド♪

子供も一緒に楽しめる♪シンガポールに行くなら絶対おすすめの、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ行ってみよう!

f:id:RnMtravelwithkids:20171010203422j:plain

今日はシンガポールのガーデンズ・バイ・ザ・ベイについて書いてみたいと思います♪

 

今回の旅行では、ずっと行きたかったガーデンズ・バイ・ザ・ベイにやっと行くことが出来ました!実際に娘と一緒に行って見た感想や、子供連れでも楽しめる場所について紹介します。

 

アクセスしやすい場所にあり、簡単に行ける!

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、シンガポールの人気のホテル、マリーナベイ・サンズから徒歩圏内。他にも観光客に人気のホテルから徒歩でアクセス出来るエリアにあり、子供連れの観光にも嬉しい便利な立地にあります。

 

徒歩ではアクセスできない、少し遠くのホテルに泊まっていても、有名な観光地なのでタクシーで名前をつげれば、場所を詳しく説明しなくてもちゃんと連れて行ってもらえるので、英語が苦手な人には助かると思います。

 

私はシンガポールのお隣のジョホールバルから車で行きましたが、駐車場の料金も安く(100分で$3程度)メインエリアまでは駐車場から歩いて数分と、こちらもアクセスが良かったです。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010204506j:plain

公園内は階段も何気に多いのですが、階段の横にはエレベーターが設置されており、ベビーカーや車椅子でのアクセスも可能になっているので、赤ちゃん連れまたは高齢の方でも楽に移動出来るようになっていました。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010204551j:plain

暑い日中に広い公園内を短時間で回れる、有料のオーディオツアー(大人$8、子供$3、シニア$5)もあり。

 

ガーデンバイザベイに行くなら、オンラインで割引チケットを買うのが絶対お得!!

f:id:RnMtravelwithkids:20171010204944j:plain

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに行くなら、事前にオンラインで、割引(20%オフ!)のチケットを購入するのが絶対お勧め!!!

シンガポールドルにして(大人チケット)1枚$5ほど安くなるので、家族で行くなら絶対お得ですよ♪

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイでは、日本人の観光客の人も沢山みかけたんだけど、ほとんどの人が普通のチケットを購入する列に並んでいて、もったいないな・・・と思ったり。

現地からでもインターネットにアクセス出来るツール(スマホ、Ipadなど)さえあれば、割引チケットサイトからすぐに予約出来、現地で使えるので、行かれる方は是非利用してみて下さい!

 

割引チケットについては、こちらに詳しく書いてあるので、利用してみようかな?と思う人はどうぞ♪↓

この記事に書いてある割引チケットを、現地で実際に自分で使って見た感想を書いてあるので、利用しようと思っている人はそちらも合わせて読んで見て下さい♪♪

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010210513j:plain

クラウドフォレスト

チケットをチケットカウンターで交換したあとは、早速メインの二つのドームを訪れました。

私達は先にクラウドフォレストへ。入ってすぐにこの写真のような眺めが広がっていて、事前にネットでみていたとは言え圧倒されました。

ラピュタやアバターの世界を想像させるような景色に、大人は感動。滝から飛び散る水しぶきが、肌にうっすらかかって気持ちいい!

 

でも、ふっと横を見ると娘はあまり興味がないのか、つまらなそうにしています・・・。

 

子供にもよるのかもしれませんが、スケールが違うながらも一応植物園なので、植物に興味がない子には退屈な場合もあるのかも・・・。

 

そこで私は、昔使っていて今は使っていないスマートフォンを娘に渡し、それを使って園内の写真を自由に撮らせてあげることにしました。

普段全く携帯を使わせていないので、娘は大喜びで色々写真をとってまわったり、説明のパネルを読んだりしてくれました。

 

室内は食べ物の持ち込みは禁止で(食べ物の持ち込みにはかなり厳しく、鞄から出しただけでもスタッフに注意されてる人を沢山みました)食べ物で時間稼ぎをすることが出来ないので、食べ物以外で子供の気を引く物をいくつか持って行くと、大人は比較的ゆっくり楽しめると思います。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010211819j:plain

上の階に造られた歩道を歩くのはスリルがあり、怖がりさんじゃない限り子供にも楽しいかと思いますよ♪また、この歩道はベビーカーアクセス可でした。

 

またクラウドフォレスとはとてもフォトジェニックな写真が撮れる場所なので、あまり普段家族写真を撮ってない人も、是非記念写真を撮ることをお勧めします♪(人が写りこまないようにするのは苦労しますが・・・)

 

クラウドフォレスの所要時間は、私達は約1時間ちょっと。

大人だけなら1時間半くらいゆっくり見て回れるかもしれないけど、小さい子供連れだとちょっと厳しいかも・・・。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010212411j:plain

フラワードーム

クラウドフォレストに比べて、残念ながら期待はずれだったのが、このフラワードーム。チケットには二つのドームのチケットが含まれているので行ったけど、特にこれとって感動することはなく・・・。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010212628j:plain

規模は大きいんだけどあまり見所がなくって、観光客が多いのばかりが目についてしまった。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010213034j:plain

f:id:RnMtravelwithkids:20171010213028j:plain

ハローウィンが近いから、かぼちゃのディスプレイは凄かったけど、1回はいっても良いけど、2回目はないかな?と言うのが正直な感想です。

でも館内は涼しく、子供連れや高齢の両親とのんびりみて回るのには助かりました。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010213536j:plain

Far East Organization Children's Garden

ガーデンズバイザベイに来て、子供連れに絶対お勧めなのが、このFar East Organization Children's Garden

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010214118j:plain

クラウドフォレスとのドームから歩いて数分のところにあるこの公園では、無料で水遊びが出来ます。かなり広々としたエリアなので、走り回ってもあまりぶつかることはなさそうなのも良かった!

 

監視しているスタッフも沢山いるので安心だし(勿論親が見守っていないと駄目だけど)プールの横には子供用トイレ(便器が二重になっていて、子供でも座りやすい!)やロッカー($1)も完備。

 

また子供用のシャワーエリアもあり。

子供用のシャワーはドアがないオープンな作りなので、お着替えようタオルがあると便利ですよ。無料なのに、かなりキッズフレンドリーで施設も充実していると思います。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010214453j:plain

狭いエリアではあるけど、赤ちゃんでも安心して遊べる、小さい子供用プールも横にありました。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010214542j:plain

またバックグラウンドにマリーナベイサンズのホテルをいれた写真が撮れるなど、フォトジェニックな場所でもあります♪

 

f:id:RnMtravelwithkids:20171010214659j:plain

ひとつ残念なことをあげるとすれば、すぐ横にはカフェがあるんだけど、オープンエアでエアコンはなし。

ちょっと休憩して、涼しい場所でお茶でも飲めたら完璧なのに!と思いました。まぁ水遊びエリアが、無料でこの充実振りなので、贅沢をいったら駄目ですね。

 

まわりには木が沢山生えているので、大人は木陰で子供達が遊ぶのを見守ることも出来、暑いながらも日焼けは最小限で済みました。子供はかなり焼けるので日焼け止め必須です!

 

まとめ

シンガポールは一年を通して暑い国なので、子供連れでの長い待ち歩きは大変ですが、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは大人も子供も楽しめる場所があり、かつ涼しいので、子供連れで訪れるのにもとてもお勧めの観光地だと思います。

 

公園全体を通してトイレの数も多く(清潔)メインエリアのほとんどの場所がバリアフリーでエレベーターがあるので、ベビーカーでのアクセスも悪くなく、小さい子供連れには助かると思います。

 

ここのもう一つの見所である、夜のライトショーについては、また別の記事で書いてみたいと思います♪

 

以上、子供も一緒に楽しめる♪シンガポールに行くなら絶対おすすめの、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ行ってみよう!でした!

 

 

子供連れでシンガポールに行くなら、ほとんどの観光地の割引チケットが購入出来る、Voyaginがお勧め!

家族4人の旅行なら、主要な観光地のチケットをここから買えば、1万円くらい簡単に節約出来てしまいますよ♪気になる方はしたからチェックして見て下さい!

 

ナイトサファリに行くなら、こちらの記事も合わせてどうぞ♪