私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド

Airbnbを安全に利用するために

 

ここ2年ほどずっとAirbnbのファンで、オーストラリア国内の旅行では必ずAirbnbを利用し、利用回数は20回を超えました。

 

 

 Airbnbは日本では知名度が高くなく、まだ人気がないようなので、利用されたことがある人は少ないかもしれません。それだけじゃなく民泊を利用してトラブルに巻きこまれたニュースを目にし、何だか危険なイメージを持っている人もいますよね。

 

個人から部屋や家を借りるAirbnbは、ほとんどの場合ホテルよりも安く、また現地の人との交流が出来たり、驚くような素敵で特別な物件に泊まる機会もあり、今までのホテルに泊まるだけの旅行とは全く違った経験が出来ることも多く、私がいつもAirbnbを利用してしまうのも、それが大きな理由。

 

ただ個人とのやり取りになるので、時々ニュースでも流れるようにトラブルに巻きこまれることもあり、最低限の注意が必要になります。

そこで20回ほどAirbnbを利用した自分の経験から、『最低限民泊を利用する前に確認しておきたいこと』をリストにしてみました。

とても簡単なので、これからAirbnbを利用する方は是非参考にしてみて下さい。

 

 ※日本でのAirbnbの経験はありません。利用したのはオーストラリア、バリ、マレーシアです。

 

 オーストラリアではAirbnbはとても身近なもの

 

私は現在オーストラリア在住ですが、国内で旅行に行く時はほぼAirbnbを使っています。私の友人もほとんどがAirbnb経験者で、海外旅行でもAirbnbを利用する人もかなりいて、オーストラリアでは旅行の宿泊場所の選択肢として、とても身近なものになっています。

 

ちなみに私の住んでいるマンションのお向かいの部屋はAirbnb物件だったりします(-_-;

 

Airbnbは家族旅行にこそ利用価値大!

 

そもそも私がAirbnbを利用するようになった理由は、娘が大きくなってきて同じベットに3人で寝るには狭くなり、3人部屋(ダブルベットとシングルベットのある部屋)を探したけど、3人部屋のあるホテルがなかなかみつからなかったこと。

 

また宿泊料も1人増えただけなのにかなり増え、もっと安く広い部屋に泊まれる方法はないかと思って探したのがきっかけでした。

 

Airbnbは個人のおうちの1室を借りるプライベートルームタイプと、家(またはアパート)を1軒まるごと借りるタイプがあるのですが、ホテルに比べると同じ値段で2室あるお家を1軒借りれることも多く、また家なので広々!

 

キッチンもあり子供連れには便利だし、中にはプールがあったり朝食も含まれているところもあり、自分の探す条件や予算に合わせて泊まりたい場所を選ぶことが出来ます。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170620125759j:plain

 

これは私達がAirbnbで初めて泊まった、Mornington PenisulaのDromanaにあるファームハウスでの1枚。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20180209082839j:plain

 

お部屋の前のお庭では、ポニーと馬が自由に歩き回り、ファームには鶏、アルパカ、フレンドリーな犬2匹と動物天国!海までは車で5分!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20180209082821j:plain

 

ホストのデボラさんに教えてもらった、地元の人だからこそ知っているカンガルースポットで野生のカンガルーを眺め、夜はウッドデッキに娘と寝転がって、満天の星空を眺め、娘は生まれて初めて天の川をみることが出来ました!

 

 

しかもモニントンの一般的なホテルが1泊$200以上するのに、ここは3人1部屋、クイーンベットとシングルベット、プライベートバスルーム(タオル、紅茶やコーヒー、自由に使えるアウトドアキッチンあり)で$120!

 

※2部屋あるけど、ウッドデッキのある部屋はこのBlue roomです。

 


その後このお家には、さらに2回泊まりました。初回は友人から紹介してもらい$50オフのクーポンを使って、$70で泊まれたのでさらに安く宿泊できました。

 

でも値段よりも、ホテルでは経験できない色々な素敵な体験が出来、すっかりAirbnbのファンに。初めて泊まった場所が本当にここで良かった。

こんな風にホテルでは出来ない体験をすることも、Airbnbの魅力です。

 

Airbnbを利用する時は、事前に宿泊先のレビューやホストについてしっかり確認しよう!

 

今まで旦那さんのアカウントと合わせるとAirbnbを20回利用していますが(1軒まるごと借りれるタイプと、ホストの空いている部屋を借りるタイプどちらも利用済み)私達は幸い危ない目にあったことはありません。

 

必ずレビューを事前に確認して宿泊先を選んでいるし、やっぱり旦那さん(男性)が一緒だからというのも大きいかも。

Airbnbを女性だけで利用する時は、日本国内だろうと外国だろうと、やはり見ず知らずの人の家を借りるので、少なからずリスクが伴うと思います

 

 ただ事前にいくつかの点を確認するだけでも、リスクを大幅に減らすことは可能だと思うので、利用する前に是非以下のことを確認してみてください。

 

 

 Airbnbを利用する時のチェックリスト

 

  • 泊まった人のレビューを読む
  • レビューが多くて良い物件を選ぶ(私はレビューが20件以上のところにしか泊まらないようにしています)
  • 自分が行くのが、安全な国なのか考えてから利用する
  • ホストのIDの認証がどれくらいされているかチェックする
  • どんなに素敵な物件でも、レビューのまだない物件は避ける
  • 土地勘がない場所では、隔離された場所に泊まるのはやめる(特に外国!)
  • 外国で利用する際は、パスポートなど貴重品の管理に気をつける(私は今度バリでAirbnbを利用する時、パスポートは部屋に置きませんでした

 

リストの中では、特に上から3つがとても重要だと思います。

 

利用した人のレビューは参考になるので、必ず確認。

良いレビューが多いところはやはり安心だと思います。レビューが多くて良い物件には必ず理由があるので(立地がいい、値段が安い、家の設備が良いなど)条件にあっていれば、その中から選ぶのがおすすめ。

 

外国で使う場合は、自分のいく国が安全な国なのか考えてから利用しましょう。オーストラリアは比較的安全な国なので、Airbnbを使うのがおすすめの国のひとつです。

 

またホストのIDがどれくらい認証されているのかも私はチェックしています(Airbnbの場合、ホストは最低限のID確認が義務化されています) 多ければ安心度も増すと思います。

 

 民泊に関しては日本ではまだ色々制限があるようで、無許可のところも多いようですね。必ず許可を得ているところを選びましょう。

何も問題がなければ良いけど、問題があった時、無許可のところに泊まってしまうと自己責任を問われる事もあるかもしれません。

 

まとめ

 

Airbnbは上手に利用すればお金も節約でき、また外国で利用する場合は、その国をただ訪れるだけではなく、現地の人との交流を通して文化体験も出来るなど、今までとは違った旅が出来ると思います。

 

ただ、あくまでも一般の人が部屋を提供してくれているという事もお忘れなく。ホテルのようなサービスは基本的にないし、困ったことがあったら対応出来る最低限の英語力も必要です。

 

日本人は完璧なサービスに慣れてしまっているけど、そういうサービスを求める人には民泊は正直向かないと思います。

 

 オーストラリアではカンタス航空のHPからも予約出来るほど身近で、ホテル以外のオプションとして選ばれているAirbnb。これからもどんどん人気になっていくと思うので、自分の安全のために上のリストをチェックし、是非一度利用してみて下さいね♪

 

私の他のAirbnb体験はこちらをどうぞ♪