私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド

【夏休みにお勧め!】子供と一緒にみたいファミリー映画30本

          

  

私の家では娘が8歳になった今でも、家でほとんどTVをみせていません。理由はテレビは子供に悪影響!とかそういうことではなく、単純にオーストラリアには面白い子供向けの番組がないから!(-_-;

 

そのかわりに図書館を活用し、子供も一緒にみれるDVDをひとつずつ借りては、週末に家で一緒にみるようにしています。今日はその中でも、子供と一緒にみても楽しめる実写版のお勧め洋画を30本紹介!

 

子供と一緒にみることを基本にしていますので、ラブシーンまた暴力的シーンがほとんどないものを選んでいます(もしそのようなシーンが含まれる場合は、紹介のところに書いておきます)ちなみにキスシーンは海外ではスキンシップの一部としても受け入れられているので、洋画には子供向けのものでも良く出て来ます。

 

リストの中には少し怖い映画も含まれているので、年齢としては6歳以上の子供と一緒にみるのにお勧めの映画です。

 また娘のために選んだ映画なので、どちらかと言うと女の子向けの映画が多いです。少し古い作品から最近の映画まで、私と娘がお気に入りの30本を紹介します!

 

【夏休みにお勧め!】子供と一緒にみたいファミリー映画30本

目次:

 

 

           

 

30位 プリティ・プリンセス

ごく普通の女子高生が、ある日突然自分はプリンセスだと知らされて…。ちょっといけていない女の子がプリンセス修行を通し、強くそして成長していく姿を描いたお話です。

 

コメディータッチに仕上がっていて子供と一緒にみても楽しめると思うし、プリンセスに憧れる女の子ならきっと好きな作品。若かれし頃の初々しいアンの演技も見所です!キスシーンあり。

 

 

           

 

 29位 ベッドタイムストーリー

夜寝る前にしたお話が本当に起こったら?というのをテーマにした映画。劇中では空からガムの雨が降って来たりと、子供の想像力をかきたてる場面がいっぱい!そしてコメディーなので面白い!

 

アダム・サンドラの映画を沢山みている関係で、娘に見せる前に一度確認のためざっとみましたが、ディズニー映画なので、子供に聞かせたくないような際どいジョークなどはなく、7歳の娘も大爆笑!でも最後は心が暖かくなって、幸せな気分になる映画です。

 

 

           

 

28位 白雪姫と鏡の女王

王子さまを待っているだけじゃない!力強い現代の女の子を象徴するような白雪姫が出てくるストーリー。白雪姫のリリー・コリンズがとっても可愛いです!小人達一人一人のキャラも個性が光って素敵。我侭だけど、どこか憎めない鏡の女王はジュリアロバーツが演じているのも見所かな?

 

オリジナルのストーリーとは違って、少し頼りない王子さまが出てくるのも面白く、カラフルで子供でも楽しめる内容になっていると思います。最後の結婚式のダンスシーンが娘は大好き!キスシーンあり。

 

 

           

27位 パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズの1作目。ディズニーランドのカリブの海賊がみごとに再現されていて、子供だけじゃなくディズニーファンにも楽しい作品。ジョニーディップの演じるジャック船長も、キャラが濃くて面白くてはまり役!

 

内容が少し難しく怖い海賊が出てくるので、怖がりの子は苦手かも?なので少し大きい子供にお勧めです。アクションが多いので、男の子にもお勧めの映画です!キスシーンあり。

 

 

           

 26位 スクール・オブ・ロック 

妙に熱い男デューイが、名門小学校で子供達にロックを教えて小学生バンドを結成!?先生の資格もないのに代理教員になりかわってしまったジャック・ブラックの演じるデューイと子供達のどたばたコメディー。

  

娘はこの映画が本当に大好き!

映画の中で色々な音楽が使われているので音楽好きの子供達にもお勧め。笑いあり感動ありの、子供がみても楽しめるコメディー映画。大人が見ても大爆笑間違いなし!

 

 

           

 

25位 シンデレラ

シンデレラの実写版。ヒロインの女の子が(私のシンデレラのイメージとは違ったけど)本当に綺麗。

ブルーのドレスやクリスタルで作られていると言う本物のガラスの靴が印象的で、内容的にも暴力的なシーンなどはないので、子供と一緒でも安心してみることが出来ます(いじわるなまま母やステップシスターは出てきますが…)

 

プリンセスに憧れる女の子がみる、初めての実写の洋画にはぴったりの作品だと思います。特におすすめのシーンはフェアリーがかぼちゃを馬車にかえる場面!オリジナルのストーリーとは違って面白いシーンなので、是非注目してみて下さい。

キスシーンあり。

 

 

           

 

 24位 魔法の国のプリンセス

プリンセスの映画が続いていますが、こちらは生まれた時に妖精からかけられた呪いをとくため、エラ(主人公)が旅をするお話。

 

途中で出会う王子様や巨人、歌の大好きなエルフなど、昔ながらの絵本に出てくるキャラクターが満載の映画!小さい子供にも安心してみせられる映画です。またエラを演じるアンの歌唱力の高さにも注目。

キスシーンあり。

 

 

           

23位 グレムリン

クリスマスにビリーはお父さんから不思議な生き物の贈り物を受け取ります。ただ、この生き物を飼うには決て破ってはいけない大事な約束が3つあって…。

 

私も子供の時に良くみたグレムリンは、今の子供がみても楽しめる名作映画のひとつだと思います。2もあるけど、やっぱり1作目が断然お勧め!一番の見所はやっぱりキュート過ぎるギズモでしょうね。

 

ギズモは本当に可愛いけど、子供達にはグロテスクな他のグレムリンは少し怖いし、多少暴力的なシーンがあるので(残酷さはそれほど感じない仕上がりになっているけど)少し大きくて、あまり怖がりじゃない子供向けの映画です。

 

悪いグレムリン達が映画館で白雪姫の映画をみて楽しんでるシーンは微笑ましくて、私がお気に入りのシーンです。娘は主人公のお父さんが作る、面白くて役に立たない発明品が好き!と言っていました。子供って意外なところに注目してるんだな…と、面白かったです。

 

 

           

22位 南極物語

南極調査隊のジェリーは、記録的な悪天候によって基地からの撤退を余儀なくされる。調査のため飼っていた犬達は連れていくことが出来ず、犬達を残して去ることに。犬達はジェリーが戻ってくるのを信じて待っていたが、ついに仲間と助け合いジェリーを探す旅に出ることに…。

 

これも少し昔の作品です。子供の時に映画館で日本版の南極物語をみたのですが、それのリメイク版のようですね。こちらの方がずーんと重い感じがなく(犬が死んでしまうなど、悲しいシーンもありますが)子供と一緒にみるのには向いていると思います。

 

この映画を通して南極について、また自然の厳しさや犬と主人公の絆についても学ぶことが出来ると思います。

娘は主人公が犬達を置いて行くシーンで、私が「理由があってしょうがなかったんだよ」と説明しても「置いていくなんて許せない!」ととても怒っていました。子供って純粋だな…。大人になるとしょうがないと諦めることが多いけど、言われてみれば確かにそう思ってもしょうがないのかな。

 

 

           

21位 オズの魔法使い

新しい方の「オズ:はじまりの戦い」にしようか迷ったのですが、オリジナルのオズの魔法使いにしました。これも名作のひとつですよね。はじまりの戦いに比べると映像の質は劣りますが、ストーリーはシンプルでも、こちらの方が私はお勧め。

 

ただ娘は現代っ子なので、オリジナルよりも新しいキャラクターが沢山出てカラフルな、新しいオズの映画の方が良かったようです(特に陶器の女の子のキャラクターがお気に入り)もし気になる方は是非両方借りて、どちらも見てみて下さい。

 

 

           

20位 ナルニア国物語/ライオンと魔女

ナルニア国を兄弟達が旅するファンタジー映画の1作目。

クローゼットの奥に隠された魔法のドア、氷の女王や話せる動物たち。本の世界がそのまま映像化され、子供がわくわくすつものがぎっしり詰まった夢のある映画です。

 

いつも思うんだけど、どの映画もシリーズものは1作目がやっぱり面白いと思う。主人公ルーシー役の女の子の演技が光る作品。

 

 

           

 

19位 ティモシーの小さな奇跡

これは比較的新しい作品。不妊治療を諦めなければいけなくなってしまったジムとシンディー。ある夜自分の子供がこんな風だったら良いのに…というリストをメモに書き庭に埋めると、次の日見知らぬ男の子が家に現れて…。

 

足に葉っぱの生えている、木から生まれた不思議な少年ティモシーと初めて両親になり、親として成長していくジムとシンディーを描いた感動のストーリー。

最後は「え…」と思ってしまうところもあったけど、見終わった後幸せな気持ちになるお話です。大人には、子供を持った喜びを再確認出来る1作になっています。ストーリーは少し難しいので、少し大きな子供向け。

 

 

           

18位 BFG-ビッグ・フレンドリー・ジャイアント-

ロンドンの児童養護施設で暮らす10歳のソフィーは、ある夜巨人に出会い、人間には知られていない巨人の国に連れ去られてしまう…。タイトル通り大きいけど、本当は心優しい巨人と、ソフィーの心温まる交流を描いたお話。

 

日本ではあまり有名ではないようですが、この映画は有名な児童文学作家ロアルド・ダールの作品を映画にしたものです。オーストラリアでは、ダールさんの本を読んでいる子供達がとても多く、親の世代にもファンが多いです。

ストーリーはシンプルだけど、ダールさんの本の世界が見事に再現されていて彼の作品のファンには嬉しい1作。小さい子供と一緒でも安心して見られる作品です。

 

           

17位 ジュラシックパーク

DNAから恐竜を蘇らせ、孤島にリゾートパークを建設。ところがパーク内で恐竜達が暴れだして…。

 

この作品は私が中学生の時の映画。恐竜映画の中でも名作のひとつですね。恐竜好きの男の子には恐竜が沢山出てくるし、はらはらドキドキのアドベンチャーありでぴったりの映画だと思います!

ただ恐竜が人間を襲ったりと暴力的なシーンがあるので、娘のように怖がりの子には向いてないかな?大人にも懐かしい映画だと思うので、夏休みの間一緒にみてあげるのはいかがでしょうか?

 

 

           

 16位 スマーフ

小さな青い妖精、スマーフ。意地の悪い魔法使いに追いかけられ、ワープした先は現代のニューヨークだった!心優しい人間の手助けを得て、スマーフ達は自分たちの村に無事帰ることが出来るのでしょうか…。

 

アニメーションと実写を合わせた映画。娘はスマーフに夢中だったけど、大人の私は手助けしてくれる人間のカップルのお話が何気に素敵だったかな?大人も子供も楽しめる1作になっています。意地が悪いけど、なんだか憎めないガーガメルと飼い猫ちゃんも好き!比較的小さめの子供でも楽しめる作品に仕上がっていると思います。

 

            

15位 ハリーポッターと賢者の石

記念すべきハリーポッターの映画、1作目。

初めて予告のCMをTVで見た時、良くこんな原作と同じような男の子をみつけたな…と衝撃を受けた記憶がありますが、ストーリーも映像も本当に本の中からそのまま出て来てしまったような、素敵で夢のある作品になっています。私は1作目のこれが一番小さい子供と一緒に見やすい気がしました。

 

他のシリーズは戦うシーンも多くキャラクターも怖いものが出てくるので(終りに近づくほどストーリーがややこしくて、難しくなる…)子供によっては少し怖いかも。賢者の石は他のシリーズに比べるとそれ程怖いシーンもなく、ストーリーもシンプルなのでお勧めです。

 

 

           

14位 イルカと少年

傷ついて尾びれを失うことになったイルカと、少年の深い絆を描いた映画。尾びれを失ったイルカ、ウィンターのため、周りの人の協力を得て人工尾びれを開発しようとするが、なかなか上手く行かず・・・。

 

最後まで諦めない少年とイルカと少年の心の交流が見所。動物好きの子供はきっと喜ぶと思いますよ!またこの映画は実話にもとずいているのでドラマチックではないけど、子供と見るのには学ぶことが沢山ある良い作品だと思います。

もしも借りるなら1作目だけではなく2作目も借りて、その後のウィンターの様子も是非みてみてください♪

 

 

            

13位 101 

101匹わんちゃんの実写版。アニメーションの101匹わんちゃんも素敵だけど、実写のこちらも面白かったです。

 

CGなのかもしれないけど、あれだけ沢山のダルメシアンが出てくるって凄いな…と思う!娘はこの映画をみてから「ダルメシアン」という言葉を覚えて、町中でみかけると嬉しそうにしています。実写のクルエラがアニメの中から飛び出して来たみたいなリアルさで、みていて楽しかった!続編の102もお勧めですよ!

 

 

           

12位 ナニー・マクフィーの魔法のステッキ

7人の子供達がいるシングルファザーのブラウンさんは、悪戯好きの子供達に手が負えず新しいナニーを雇うことになるのだが、ナニー・マクフィーは普通のナニーではなく、魔法の使えるナニーだった…。

 

魔法使いのナニー・マクフィーと子供達の交流を描いたファンタジー映画。最初は凄く醜いナニー・マクフィーが、子供達が変わって行くにつれ、どんどん綺麗に変わっていく様子も子供達には面白いはず(露骨に変わっていくので、子供達でも気が付きます!)

 

大人にはお父さんの素敵なラブストーリーも見所だし、最後の結婚式のシーンが素敵で私は大好き!このシリーズ2もあるけど、そちらはいまいちだったので特にお勧めはしません。

 

 

           

11位 ピートと秘密の友達

家族と旅行中車の事故で両親を失ったピートは、その森に住むドラゴンと一緒に生活をすることになる。ずっと誰にもみつからずに幸せに暮らして来たのだけど、ある日森林調査の人たちにみつけられることになってしまい・・・。

 

森に住む伝説のドラゴンと少年の交流。森を守る人間たちとドラゴンを捕まえようとする人たち。シンプルなストーリーだけど、主人公のピート役の男のこと、ピートを助けようとするグレースの演技が素敵な1作です。

お話がシンプルだし、怖いシーンもほとんどないので小さい子供でも楽しめると思います。

 

 

           

 

10位 ラビリンス

サラは泣き止まない弟に腹を立てて、「弟がいなくなればいいのに」と呪文の言葉を言ってしまう。サラの願い通り弟は連れ去られるが、本心で言ったのではないサラは、ラビリンスの世界で出会った心優しい仲間たちと共に、弟を連れ去った魔王から、弟を救出する旅に向かう・・・。

 

この映画は、私が小さい時に本当に何回もビデオでみた、思い出の作品。図書館でみつけて、思わず借りてしまったけど、娘も本当に大好きな作品です。

自分が子供の時に好きだった作品を、娘も好きになってくれるって、本当に素敵なことだと思います。

 

映画を通して本当に色々なキャラクターが出てきて、絶対子供でも楽しめる作品だと思います。私は最初の方に出てくるお話する毛虫(凄く可愛い!)、嘘つきだけど本当は心優しい小人のホグルが好き。娘は強そうな見掛けなのに、とても弱虫のルドが大好きです。子供達と、どのキャラクターが好きか話し合うのも楽しいですよ!

是非一度みて欲しい作品です。古い作品なのでレンタルする場合はBlu-rayの方がいいと思います。

 

 

          

 

9位 ジャングルブック

小さい頃、親とはぐれ狼に育てられた少年モーグリーとジャングルで生活する動物たちのストーリー。

 

ジャングルブックの実写版です。主人公以外の動物はどうやら全てCGのようですが、それを全く感じさせない作品。動物が沢山出てくるので、動物好きの子供にお勧め。

怖い虎との戦いのシーンや、巨大な蛇が登場したりと少し怖い場面がありますが、全体的には子供向けだと思います。

 

           

 

8位 リトルプリンセス

裕福な家庭に生まれ何不自由ない生活を送ってきたサラ。でもある日戦争に行ったお父さんが亡くなったと知らせを受け、孤児になってしまう・・・。

どんな時でも優しく強いサラを描いた感動の1作。

 

タイトルはリトルプリンセスですが、日本では小公女といった方がぴんとくるかもしれませんね。随分昔の映画ですが、こちらも名作のひとつ。久し振りに娘とDVDでみたけど、素敵な作品は昔のものでも、全く関係なく感動できるんだなと思った作品。

 

サラちゃんを演じた主人公の女の子の演技が素敵だったな・・・。

娘はサラが寄宿舎に来る前に住んでいたインドでの出来事の回想シーン。同じく寄宿舎で酷い扱いを受けながら働いている黒人の女の子と一緒に美味しい食べ物を想像したら、次の日の朝、テーブルの上に山ほどご馳走が並んでいるシーンが大好き。

最後の終り方もとても好きな、学ぶことが沢山ある映画です。

 

 

           

7位 アリス・イン・ワンダーランド

不思議の国のアリスの実写版。

私はアリスのイメージが主人公の女の子のイメージと違ったので、あまりしっくりこなかったんだけど、娘はこの映画が気に入ったようで、大好きで何回もみています。この映画は娘が推すのでランクイン!

 

カラフルな世界観や、美しい白の女王、顔が大きくて怖い赤の女王。

絵本ではちょっとしか出てこないマッドハッターが、どぎついメイクで登場!など強烈キャラクターが目白押しの映画。ディズニーのアニメーション版とは全く違った作品に仕上がっています。

 

この映画は100分以上あって、他の子供がみる映画に比べると長いので、小さい子供向きではないかもしれない・・・。お勧めは7歳以上

でもアリスが好きな子供なら見て見る価値はあると思いますよ。2作目は1作目とは比べ物にならないほどつまらなかったので、みなくて良いと思います。

 

 

           

6位 ジュラシックワールド

ジュラシックパークを、少し現在に近い感じで映像化した恐竜パニック映画。

 

テーマパークの感じも、本当に今あってもおかしくないかなと思ったり、DNAをコントロールして、凄く頭の良い恐竜が生まれてしまったといのも、実際に起こってもおかしくないし、全体的に現実味があるストーリーに仕上がっていると思います。

恐竜と戦うのに、別の恐竜を使う発想も楽しい!

 

娘は巨大な海の恐竜が、プールから飛び出してきてサメをぱくっと食べるのが強烈に印象に残ったようです。もともと子供向けの映画としては作られていないので、恐竜と人との戦うシーンも多数出てきます。なので8歳くらい~みるのが良いかも。

私と娘が大好きな映画なので、今回は6位にランクインしました。

 

 

           

 

5位 チャーリーとチョコレート工場

ジョニーディップ主演の、チャーリーとチョコレート工場。

私は昔の作品も好きだけど、ジョニーディップの演じるウィリー・ウォンカも好き!

 

チョコレートで出来た川、キャンディーのお花、ナッツを仕分けするリスなど、子供がわくわくするものが沢山!ゴールデンチケットを手にいれた子供達のキャラクターもそれぞれ印象的で、子供も楽しめる映画になっていると思います。

そしてチャーリーとおじいちゃん、チャーリーの家族など美味しそうなお菓子以外でも、素敵なストーリー満載の映画です。メイキング映像も面白かったので、是非みてみてください。

 

 

           

4位 美女と野獣

実写版の美女と野獣です。

日本ではまだDVDになっていないのかな?映画館でみてきましたが、ハリーポッターをみてるだけに、娘がエマをベルとして映画をみられるか心配していたけど、ただの心配に終りました。

CGによる部分が多いと思うけど、映像も夢の溢れる、とても素敵な映画に仕上がっていました。エマの歌も凄く上手だった!

是非アニメーションの美女と野獣ファンの子供にみて欲しい1作です。勿論大人も楽しめると思いますよ♪

 

 

           

 

3位 ナイトミュージアム

ついに3位まで来ましたね!ここまで結構時間がかかっていて、途中でやめようかとも思ったのですが・・・(-_-;

ナイトミュージアムは本当にお勧め!子供も楽しめるコメディーになっていて、子供を意識してか、それ程きわどいジョークはないと思うので、安心してみせられます。

 

夜のミュージアムと聞いただけでもわくわくするけど、夜になると展示されている物に命がやどって動き出す!いかにも子供が好きそうなストーリーですよね。

実際に出てくるキャラクターも楽しいものが満載で、大人も絶対楽しめる1作です。2作目はいまいち、3作目はもうちょっと大人向けのジョークが入ってくるので、子供と一緒にみるなら1作目をお勧めします。

 

 

           

 

2位: アニー

2位は新しい実写版のアニー。アニーは白人の女の子と言う印象が強かったため、最初はちょっと違和感がありましたが、そんなこと全然感じさせないほど素敵なストーリーに仕上がっています。

 

この映画の一番のおすすめは、沢山劇中で歌われる歌!もしDVDを買うなら英語でも聞かせてあげてください。アニー役の子の歌の上手さに魅了されると思いますよ。英語を身近に感じる良い機会だと思います。

 

ストーリーはいつも前向きで強い心を持ったアニーと、お金持ちで仕事のことばかりしか考えていないスタックスが、ある出来事から一緒に住むことになり、絆が生まれ、本当に大事なものに気づいていくと言ったお話。ストーリーも凄く素敵でDVDはあまり買わないのすが、買ってしまった1枚。何度みても元気になれる映画です。

 

 

           

 

1位: 魔法にかけられて

1位は、私と娘が子供向けの洋画で一番大好きな「魔法にかけられて」

王子様を探し求めていたジゼルが、悪い女王の策略で現代の世界に・・・!ディズニーのプリンセスが突然現代の世界に来てしまったら?をテーマにした作品。

 

ジゼル役のエイミー・アダムスがとにかく可愛い!!!!!

ストーリーも勿論素敵なんだけど、映画全体を通して歌われている歌が本当に素晴らしい。思い出しただけでも口ずさんでしまいそう(笑)

他にもいかにも!な王子様。そしてくすっと笑ってしまう沢山のシーンや、ジゼルがカーテンから作る素敵なドレスなど見所満載のこの映画。とにかく沢山の人にみて欲しい作品です。キスシーンあり。

プリンセス映画の中でも、一番のおすすめ!!見終わった後絶対Hpaayな気持ちになる1作。

 

 以上、【夏休みにお勧め!】子供と一緒にみたい映画30本でした♪

 

子供におすすめのアニメーション映画も紹介したいけど(200本近くみているので)これを書くのにもの想像以上に時間がかかったので、いつかまた時間のある時に紹介したいと思います!