私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド♪

マレーシア子連れ旅行:マレーシアは子供連れの旅行にむいてる?

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170606192513j:plain

マレーシアは子供連れの旅行に向いてる?向いてない??

 

2018年1月8日更新!

 

今日は実際に自分が2年間マレーシアに住んでみて、マレーシアが子供連れの旅行に向いているかそれとも向いていないかを、良い面と悪い面を考えながら書いてみたいと思います。

 

目次:

 

マレーシアの気候や言葉

 マレーシアは1年を通じて暖かく(年間日中平均気温は27度~33度)子供連れの旅行は、服装に迷うことなく、いつ行っても楽しめると思います。

雨季は11月~1月の終り頃まで。雨季といっても日本のように1日中雨が降り続けるといったことは滅多にないので、観光を楽しめると思います。

 

ただ11月は雷をともなった大雨がふることが多い気がする。一度実家の家の木に雷が落ちて、木が燃えたことがあります(-_-;雷が苦手な人は注意!

 

またここ数年季節的にヘイズに悩まされていたマレーシアですが、2017年はかなり改善され、ヘイズの時期に1ヶ月ほどマレーシアに滞在したけど全く気になりませんでした。

 

 マレーシアの言語と人

マレーシアではマレー語、中国語など色々な言葉が使われていますが、ほとんどの人が簡単な英語を喋ることが出来、また片言の英語でも分かってくれる人が多いので、日本人にとっては比較的旅行しやすい国だと思います。

 

マレーシアの人は親日の人が多く、また子供好きが多いので(特にマレー系の人は子供に優しい)子供を連れていると優しく声をかけてもらえることが多いですよ。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170606193111j:plain

 マレーシアの物価と食べ物

物価は日本と比べてとても安く、家族旅行でも予算が少なくて済むと思います(1月現在10000円=RM355程度

ここ数年マレーシアの物価はどんどんあがっていますが、それでもローカルのお店のご飯は1食RM7(200円程度)からと、本当に安い!

 

レストランのようなちゃんと冷房が効いているお店、お洒落なカフェ、マレーシア料理以外を売っているお店はローカルのお店に比べて値段が高くなります。それでも日本で外食するよりは安いと思う。

 

マレーシアのご飯は美味しく、日本人の口にも合うものが沢山あると思います。外国の食べ物は苦手な物が多いうちの両親も、マレーシアでは比較的簡単に好きな食べ物をみつけることが出来ています。

 

マレーシアのご飯は辛いものが多いイメージがあるかもしれませんが、中華系のものは辛くない物も多く(ダックライスやワンタンミーなど)また辛い食べ物の場合でも、注文する時に「辛くしないでくれますか?」(Non spicy pleaseで大丈夫!)と一言頼めば大丈夫。

 

それでもどうしても子供の口にマレーシアのご飯が合わない場合は、大人だけマレーシアの料理を満喫し、子供の分のご飯のみを他のお店から持ち帰りにすることも可能です。

マレーシアではほとんどのお店でご飯を持ち帰りにすることが出来るので、子供の体調が悪い時なども、ちょっと外に出てご飯を持ち帰りにし、ホテルで食べることが出来るので便利ですよ!

 

マレーシアでご飯を持ち帰りするときに使う言葉は?

 

中華系のお店では「ターパオ、Please!」マレー系のお店では「ブンクス、Please」で持ち帰りにしてくださいという意味になるので、いってみてください。

英語が通じそうなら「Take away please!」でも大丈夫ですよ!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170606192640j:plain

子連れで行くマレーシアのお勧め都市

マレーシアに家族で行くなら、お勧めの都市はやはりクアラルンプール

 

  • 首都なので一番栄えていて、見るところが沢山ある。
  • 美味しいレストランやローカルのお店が沢山ある。
  • 観光客が多い都市なので、治安がそれ程悪くない。
  • 他の都市に比べて英語が良く通じる
  • 子供が喜ぶ観光地や遊ぶところが沢山ある
  • 交通の便が良い(空港からタウンセンターまでは遠いですが・・・)
  • ホテルが沢山あり、安いところから高いところまで選択肢が多い
  • クアラルンプールを拠点にして、それ程時間がかからず行ける都市が多い(マラッカ、ガンティンハイランドなど)

 

など、楽しめる理由がいっぱい!

子供連れで楽しめるクアラルンプールの観光地については、実際にいったところを感想つき(割引チケット情報もあり!)で書いているので、是非こちらを読んでみてください♪

 

宿泊先については、家族連れの場合は、ホテルじゃなくAirbnbを利用すると、半分くらいの予算でクアラルンプールを楽しめると思います。

私達は前回クアラルンプールを訪れた時、Airbnbを利用してツインタワーから徒歩5分のコンドミニアムに4日間滞在しましたが、5人で泊まって2万円もかかりませんでした!

 

立地の関係から、いつもツインタワーに近い場所のホテルに泊まっているのですが、Airbnbを利用する前は、同じくツインタワーまで徒歩5分のトレイダースホテルに泊まっていたけど、1泊1万5000円×2部屋4泊で12万円)ということを考えると、Airbnbのお得さが分かると思います。

 

ただ気を付けなければいけない点もあるので、それについてはこちらの記事をどうぞ♪


Airbnbの魅力は安いだけじゃなくて、家族連れなら大人数がみんな同じ部屋に泊まれるところ。

日本では民泊というとどうもマイナスイメージが強いようですが、実際は家族連れにはホテルに比べて部屋も広々しているし、キッチンや洗濯機、乾燥機まで設置されているところも多く、KLのコンドミニアムはセキュリティーもしっかりしているので、旅なれている人にはお勧めです(ホストとのやりとりは英語になるので、多少の英語力が必要です)

 

子供連れマレーシアで注意する点

 

湿度が年間を通じて高く、日本との気候の違いに子供たちは慣れるまで時間がかかる場合があります(特に冬の時期に日本から訪れた場合など)

うちの娘も、オーストラリアから2週間ほど遊びに行くと必ず1度は病気になるという・・・(-_-; いつも飲ませている常備薬を念のために持って行くのをお忘れなく。

 

あと子供を連れて海外に行くのなら、必ず海外旅行保険に入りましょう。

1週間程度の旅行保険なら値段もそれほど高くないし、何かあった時(マレーシアの私立病院はとても高いです)短い入院でも50万円くらいかかることもあるので、それに比べたら安いし、安心だと思います。 

 

 マレーシアの治安について

 マレーシアに2年住んでいたことがありますが、私はその間危ない目にあったことはありません。ただ正直な感想としては、マレーシアの治安はガイドブックに書かれている程、安全ではないと思います。

 

クアラルンプールに数年前に行った時、チャイナタウンでどこのレストランに入ろうかと歩いていると、私が真横に立っているにも関わらず知らない男性に娘が手を引っ張られて連れていかれそうになったことがあります。

 

本当に一瞬のことでとっさに娘の手を繋いで、引っ張っている男の人の手をはたかなかったらと思うと、今でもぞっとするのですが、いつも子供から目を離さないように注意しなきゃいけないんだな!と改めて思った出来事でした。

 

観光客があう犯罪として多いのは、置き引きと引ったくりです。

特に夜に道を歩いている時、後ろからバイクの音が聞こえたら注意してください(引ったくりはバイクで後ろから狙われることが多い)

 

また引ったくられた場合は、頑張って相手にあらがったりせずに、荷物を渡した方がいいと思います。対抗してナイフで傷つけられるケースもあるようなので。

出歩くく時はお金全部持ち歩かず、一部をホテルのセキュリティーボックスにいれるなど、分けたほうが、万が一の時の被害が少なく済むと思いますよ。

 

あとこれは治安に関することではないのですが、最近のニュース(2017年7月)で、マレーシアで狂犬病の犬に噛まれて、子供が5人ほど亡くなるというものがあったので、野良犬には出来るだけ近づかないように気をつけて下さい。

本当のことをいうと、ローカルのご飯やさんには野良犬や野良猫が沢山いて(ご飯の残りを求めてやってくる)そのほとんどが全く無害だけど、念のために。

 

 公共のトイレを使う時の注意

マレーシアでは公共のトイレを利用する時は、子供だけでは絶対行かせず、大人が一緒に付いて行ってあげて下さい。

子供ではないですが、女性が一人でトイレにいって被害にあっているニュースを目にします。旅先で事件に巻きこまれないためにも、念には念をいれ一緒に行ってあげると安心です(トイレの個室に一緒に入る必要はありません)

 

またマレーシアのトイレはお世辞にも綺麗とはいえません。

 

かなりハイソなショッピングセンターですら便座がなくなっていたり、マレー系の人が紙ではなくトイレの後は水を使うことから、トイレの床が水浸しのことも多々あるので、出掛ける際はなるべくホテルで子供のトイレを済ませておくと良いと思います。

 

また基本的に(ホテル以外)トイレにトイレットペーパーはないので、日本から大量にポケットティッシュを持っていくか、現地で購入しましょう。

便座が汚れていたり、濡れていることは当たり前で、想像以上にポケットティッシュを消費しますので、多めに持って行くことをお勧めします。

 

あとショッピングセンターによってはトイレが有料の場合があります(ひとり20c程度を入り口の人に払う)お釣りはもらえますが、なるべく小銭を用意しておくと便利です。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170606192712j:plain

まとめ

治安の部分の記事では不安にさせてしまったかもしれませんが、夜中に街を歩かない。人通りがほとんどない場所にはいかない。変な人に声をかけられても(特に日本語)何も言わずに立ち去る。子供から目を離さないなど、海外旅行に行く際に注意するべきことに気をつけていれば大丈夫。

 

それさえ守っていれば、いつでも常夏で物価の安いマレーシアは子供連れの旅行に向いていると思います

 

マレーシアは色々な文化が交じり合った国です。

日本の子供達が、TV以外では見たこともないような物や人が沢山いるので、色々な発見があるのではと思います。子供と一緒に旅行に行くなら、安全に気をつけながら、是非色々なことを体験させてあげて下さい!

 

 

以上マレーシアは子供連れの旅行にむいている?でした♪皆さんのマレーシア旅行が楽しいものになりますように!