私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド

【子連れマレーシア旅行】マレーシアは子供連れの旅行にむいてる?

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170606192513j:plain

 2018年10月9日更新!

 

今日は実際に自分が2年間マレーシアに住んでみて、マレーシアが子供連れの旅行に向いているか向いていないかを紹介してみようと思います。

住んでいたからこその治安情報やトイレに行く時の注意、物価についても紹介していますので、子供連れでマレーシアを訪れようと思っている方は是非最後まで読んでみて下さい♡

 

マレーシアに行ったら是非食べて欲し!マレーシアの美味しいご飯30選を、写真と共に紹介!

マレーシアのおすすめの飲み物を紹介した記事も書いています。甘さ控えめで注文する方法の紹介あり!マレーシアに行く前に是非読んでみて下さい♡

子供連れに私が一番おすすめはこちら!サンウェイラグーンはウォーターパークだけじゃなく、遊園地や動物園もあるんです!チケットの割引情報も紹介♡

 クアラルンプールで格安のカーチャーターを探している人はこちらがおすすめ!

物価が安いのにプライベートでカーチャーターをするのは高いマレーシア。

他の会社は大体定員6人、カーチャーターを4時間するとRM600(約17000円くらい)くらいかかりますが、ここなら定員6人、8時間で13000円以下で予約出来ます!

私は両親が日本からクアラルンプールにやって来た時に一度使ったけど、英語にある程度自信があり、マレーシアのゆる~い感じのサービスにも耐えられ、市内中心にまわる人にはとても安いのでおすすめです!

 

目次:

 

マレーシアの気候や言葉

 

マレーシアは年間日中平均気温は27度~33度と1年を通して暖かく、子供連れの旅行は服装に迷うことなく、いつ行っても楽しめると思います。

 

雨季は11月~1月の終り頃まで。雨季といっても日本のように1日中雨が降り続けるといったことは滅多にないので、季節に関係なく観光を楽しめると思います。ただ11月は雷をともなった大雨がふることが多い気がするので、雷が苦手な人は注意!

 

またここ数年時期的にヘイズに悩まされていたマレーシアですが、2017年はかなり改善され、ヘイズの時期に1ヶ月ほどマレーシアに滞在したけど全く気になりませんでした。

 

 マレーシアの言葉と人

 

マレーシアではマレー語、中国語など色々な言葉が使われていますが、ほとんどの人が簡単な英語を喋ることが出来、また片言の英語でも分かってくれる人が多いので、日本人にとっては比較的旅行しやすい国だと思います。

 

マレーシアは親日の人が多く、また子供好きが多いので(特にマレー系の人は子供に優しい)子供を連れていると優しく声をかけてもらえることが多いですよ。

 

 マレーシアの物価と食べ物

f:id:RnMtravelwithkids:20170606193111j:plain

物価は日本と比べてとても安く、他の国に比べると家族旅行の予算が少なく済むと思います(2018年1月現在10000円=RM355程度)

 

ここ数年マレーシアの物価はどんどんあがっていますが、それでもローカルのご飯は1食RM7(200円程度)からと、日本と比べると全然安いと思います!

ただ、レストランのようなちゃんと冷房が効いているお店やお洒落なカフェ、マレーシア料理以外を売っているお店は、ローカルのお店に比べて値段が高くなるので注意。

 

マレーシアのご飯は美味しものが多く、また日本人の口にも合うものが沢山あると思います。外国の食べ物は苦手な物が多い私の両親も、マレーシアでは比較的簡単に好きな食べ物をみつけることが出来ています。

 

マレーシアのご飯は辛いものが多いイメージがあるかもしれませんが、中華系のものは辛くない物も多く(ダックライスやワンタンミーなど)また辛い食べ物の場合でも、注文する時に「辛くしないでくれますか?と一言頼めば大丈夫(Non spicy please!で大丈夫!)

 

マレーシアにも美味しいハンバーガーがあるって知ってました?マレーシアに行って見かけたら、是非挑戦してみて下さい!

マレーシアで有名なラムリーバーガーについて紹介しています♡

 

マレーシアでご飯を持ち帰りする時に使う言葉は?

 

マレーシアではほとんどのお店でご飯を持ち帰りにすることが出来ます。

中華系のお店では「ターパオ、Please!」マレー系のお店では「ブンクス、Please」で持ち帰りにしてくださいという意味になるので、持ち帰りにする際は是非みてください。英語が通じそうなら「Take away please!」でも大丈夫ですよ!

 

ゆっくりホテルの部屋で食事をゆっくり取りたいとき、子供がいて外食だと落ち着かない時など、とても便利なので是非持ち帰りも利用してみて下さい!

 

子連れで行く、マレーシアのお勧め都市はここ!

f:id:RnMtravelwithkids:20170606192640j:plainマレーシアに家族で行くなら、お勧めの都市はやはりクアラルンプール

 

  • 首都なので一番栄えていて、見るところが沢山ある。
  • 美味しいレストランやローカルのお店が沢山ある。
  • 観光客が多い都市なので、治安がそれ程悪くない。
  • マレーシアの他の都市に比べて英語が良く通じる
  • 子供が喜ぶ観光地や遊ぶところが沢山ある
  • 交通の便が良い(空港からタウンセンターまでは遠いですが…)
  • ホテルが沢山あり、安いところから高いところまで選択肢が多い
  • クアラルンプールを拠点にして、それ程時間がかからず行けるマレーシアの都市が多い(マラッカ、ガンティンハイランドなど) 

など、楽しめる理由がいっぱい!

 

 子供連れで楽しめるクアラルンプールの観光地については、実際に訪れた場所を感想つき(KLの主要観光地の割引チケット情報についても沢山書いています!)で紹介しているので、是非こちらを読んでみてください。

 

旅慣れていて英語に問題がないのなら、Airbnbの利用を選択肢にいれるとマレーシアでの滞在費が大幅に節約出来る!

 

宿泊先については、家族連れの場合はホテルではなく、Airbnbを利用すると半分くらいの予算でクアラルンプールを楽しめると思います。

 

私達は前回クアラルンプールを訪れた時、Airbnbを利用してツインタワーから徒歩5分の2部屋あるコンドミニアムに4日間滞在しましたが、5人で泊まって3万円かかりませんでした!

 

Airbnbを利用する前は、同じくツインタワーまで徒歩5分のトレイダースホテルにいつも宿泊していました。トレイダースホテルは私達家族3人と義理の両親の2部屋をとり、1泊1万5000円×2部屋と4泊で12万円2016年の宿泊時)

Airbnbとの宿泊料金の差額は9万円以上!こうしてみるとAirbnbのお得さが分かると思います。

 

Airbnbの魅力は安いだけじゃなくて、家族連れなら大人数がみんな同じ部屋に泊まれるところ。

 

ホテルに比べて部屋も広々しているし、キッチンや洗濯機、乾燥機まで設置されているところも多く、またKLのコンドミニアムはセキュリティーもしっかりしているので、旅慣れている人にはお勧め!(ホストとのやりとりは英語になるので、多少の英語力が必要です

 

ただ気を付けなければいけないもあるので、それについてはこちらの記事をどうぞ。Airbnbを利用する時の注意などを、Airbnbを20回以上利用した経験から紹介しています。

 

子供連れでマレーシアに旅行に行く時に注意して欲しいこと

 

湿度が年間を通じて高く、毎日暑いマレーシア。日本との気候の違いに、子供たちは慣れるまで時間がかかると思います(特に冬の時期に日本から訪れた時は特に!)

 

うちの娘も冬のオーストラリアからマレーシアに帰ると、気候になかなか慣れることが出来ず体調を崩すことが多いので、子供と一緒の場合は念のためいつも飲ませている常備薬を念のために持って行くのをお忘れなく。

マレーシアで貰う薬は日本の物より強いものが多く(特に抗生物質!)私は現地の薬を飲むとさらに具合が悪くなることが多いです…(-_-;

 

あと子供を連れて海外に行くのなら、必ず海外旅行保険に入りましょう。何かあった時、マレーシアの私立病院はとても高く、短い入院でも50万円くらいかかることもあるので、保険に入っていくと安心だと思います。 

 

 マレーシアの治安について

 

マレーシアに2年住んでいたことがありますが、私はその間危ない目にあったことはありません。ただ正直な感想としては、マレーシアの治安はガイドブックに書かれている程安全ではないと思います。

 

観光客があう犯罪として多いのは置き引きと引ったくりです。特に夜道を歩いている時、後ろからバイクの音が聞こえたら注意してください(引ったくりはバイクで後ろから狙ってくることが多い)

 

万が一鞄や持っている物を引ったくられた時は、相手に抵抗したりせず、荷物を渡した方がいいと思います。抵抗してナイフで傷つけられるケースもあるので、物よりも安全を第一に考えて下さい。

 

外を出歩く時はお金を全部持ち歩かず、一部をホテルのセキュリティーボックスにいれるなど分けたほうが、いざと言う時被害が少なく済むと思いますよ。

 

 公共のトイレを使う時の注意

 

マレーシアでは公共のトイレを利用する時は、子供だけでは絶対行かせず、大人が必ず一緒に付いて行ってあげて下さい。

 

子供ではないですが、女性が一人でトイレにいって被害にあっているニュースを目にします。旅先で事件に巻きこまれないためにも、念には念をいれ一緒に行ってあげると安心です(トイレの個室に一緒に入る必要はありません)

 

またマレーシアのトイレはお世辞にも綺麗とはいえません。高級なショッピングセンターですら便座がなくなっていたりします。

 またマレー系の人はトイレの後は紙ではなく水を使うことから、トイレの床が水浸しのことも多々あるので注意。出掛ける際はなるべくホテルで子供のトイレを済ませておくと良いと思います。

 

またホテル以外はトイレにトイレットペーパーがない場合がほとんど。なので、日本からポケットティッシュを持って行くことをお忘れなく!

便座が汚れていたり濡れていることは当たり前で、想像以上にポケットティッシュを消費しますので、多めに持って行くことをお勧めします。

 

あと場所によってはトイレが有料の場合があります(ひとり20c程度を入り口の人に払う)お釣りはもらえますが、なるべく小銭を用意しておくと便利です。

 

まとめ

f:id:RnMtravelwithkids:20170606192712j:plain

治安の部分では不安にさせてしまったかもしれませんが、夜遅くに街を歩かない、人通りがない場所にはいかない、変な人に声をかけられても(特に日本語)何も言わずに立ち去る、子供から目を離さないなど、海外旅行に行く際に注意するべきことに気をつけていれば、大丈夫。

 

それさえ気をつけていれば、いつでも常夏で物価の安いマレーシアは子供連れの旅行に向いていると思います

 

マレーシアは色々な文化が交じり合った国です。子供達がTV以外では見たこともないような物や人が沢山いるので、街を歩くだけでも色々な発見があるのではと思います。

是非子供達に色々なことを体験させてあげて下さいね!

 

以上【子連れマレーシア旅行】マレーシアは子供連れの旅行にむいている?でした!

 

子供連れでマレーシアに行くのに役立つ情報、また割引情報の記事はこちらをどうぞ♡