私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド

【子供連れ香港旅行】準備編

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170510130513j:plain

 今日は一番最近行ってきたばかりの子連れ香港旅行について、娘の為に持って行った荷物、子供連れでも楽しめる、香港の人気観光地のお得情報やホテルに安く泊まるヒントも紹介しています。

子供連れで香港に行こうと思っている方の参考に、少しでもなれたら嬉しいです♡

 

 香港ディズニーランドのチケットが1000円も安く買える方法について紹介しています。

 

景色は最高だけど、ピークトラムの待ち時間、長いです…優先乗車のついた割引チケットの購入方法も紹介!

 

目次:

 

8歳の娘を連れて3泊4日で香港へ!

 

4月上旬に香港に3泊4日で遊びに行ってきました。そもそもこの旅行は香港映画が大好きで、小さい頃から沢山映画を見てたら広東語がぺらぺらになってしまった我家の旦那さんたって希望によるもの。

 

娘のスクールホリデーで日本に里帰りする際、オーストラリアと羽田を単純往復するよりも香港に寄った方が安く、それも今回香港に行く決め手になりました。

 

3泊4日のうち、1日目は香港に夜着だったので実質寝るだけ。最終日は飛行機の時間が夜の8時だったので、たっぷり観光出来ると思っていたのですが、当日娘の体調が悪く、少し早めに午後2時には空港に行きました。

 

そんなわけで実際の香港旅行は中2日間のみ。最後の最後でばたばたしてしまったけど、短いながらもぎゅっと楽しいことが凝縮した子連れ旅になったと思います。

 

子供連れ香港旅行の荷物

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170510130616j:plain

 

香港旅行/子供の荷物リスト(3泊4日)

※パスポート、航空券などは大人の荷物とするので、リストには入っていません。

 

  • 夏服 3日分+予備のワンピース1枚
  • 下着 
  • 長袖のさっと羽織れる上着
  • パジャマ
  • サンダル
  • 歩きやすい靴
  • 帽子
  • 日焼け止め
  • 酔い止め
  • 常備薬
  • 子供用歯ブラシ、歯磨き粉

 

上のものが3泊4日の香港に持って行ったもののリストです。実際に香港旅行用として娘に準備したのはこれだけ。全然これで足りました。

 

香港はあまり気を付けて日本から持って行かなきゃならない物がないように思います。香港には普通に日本製のおむつが売っているし(少し割高だけど)必要なものは日本と同じように何でもすぐに買うことが出来ます。あとは香港を訪れる時期の気温をチェックし、それに合わせた服をつめて行けばOK!

 

4月の香港はもうかなり暑いので、娘には夏服を日数分+ワンピース1枚を準備。汗をかいたので、結局予備のワンピースも着用。

上着は薄手のカーディガンを鞄にいれて持ち歩きました。ショッピングセンターは冷房が効き過ぎて寒いところもあったし、夜は風が冷たい日もあったので、結構羽織らせることが多かったです。

 

日本から香港まではフライト時間も短くあっという間!子供と一緒に行く、初めての海外旅行にもぴったり!

 

飛行機はキャセイパシフィックを使いましたが、機内はとても快適だったし、映画を2つ観たら、あっという間にもう香港に到着!

 

羽田から香港まではフライト時間も4時間半+と短いので、飛行機用にはお菓子と娘のお気に入りの人形をリュックに詰めた以外は特に何も準備しませんでした(酔い止めは飛行機に乗る前に飲ませました)

 

これくらいの時間なら子供連れでも問題なく機内での時間を過ごせると思うので、香港は初めての海外旅行にぴったりだと思います。

 

乗り物酔いしやすい子供と乗る飛行機対策については、こちらをどうぞ↓

 

 

空港から香港市内への移動はエアポートトレインがおすすめ!

 

空港からはタクシーと迷ったのですが、私達はエアポートトレインを利用しました。

大人のチケットは割引チケットを事前にネットで予約。当日はQRコードで直接改札を通れたので、空港で悪いレートで両替をする必要もなく楽々市内まで移動!

 

私達も利用した香港エアポートトレインの割引チケット情報について紹介しています。往復なら最大1350円も安くなるので、利用しようと思っている方は是非読んでみて下さい。

 

また娘のエアポートトレインのチケットは駅でオクトパス(香港の電車カード)を購入することで無料になるキャンペーンを利用しました。

このキャンペーンはいつもではないけど頻繁に行われているので、行く前に香港エアポートトレインのHPでプロモーションをチェックして見て下さい。

 

香港の九龍で泊まった、立地最高のバジェットホテル!どこへ行くのにも便利なノボテル・ネーザンロード九龍

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170510130647j:plain

 香港ではまず九龍に2泊、香港島側に1泊しました。九龍で泊まったのはノボテル・ネイサンロード九龍 。

 

 普段だとネットで色々調べるのですが、今回はカンタスのマイルが貯まっていたので、それを使ってノボテルに宿泊しました。

 

香港ではぶらぶら歩いて街歩きをしたい。美味しいローカルグルメ(お洒落なレストランにはあまり興味なし)を食べたい!

それと最近不運なことが続いているので、お寺にいって本格的にお祈りしたい(-_-)と思っていたのですが、ノボテルはその全てから徒歩圏内にあり、とても便利でした。

 

またMTR佐敦駅からも徒歩3分と近いので、電車を使って香港をまわろうと思っている人にもおすすめ。暑い時期だと香港はかなり蒸し暑くて、短距離を歩くのでも汗をかくので、駅に近いのは助かると思います。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170510194157j:plainf:id:RnMtravelwithkids:20170510194104j:plain

 ノボテルの部屋の室内はこんな感じ。

 

部屋はラージダブルベットがあるスーペリアキングのお部屋。16歳未満の子供は私達と同じベットを使えば無料だったので、それも子供連れの我が家にはちょうど良かったです。

 

部屋は狭いけど必要な物は全て揃っており、朝食込みで1泊約2万円と(時期によって値段はかわります)香港のホテルとしては安く、ホテルの周りには美味しいローカルレストランが沢山あって大満足でした♡

 

香港島で泊まったバジェットホテル、コーズウェイベイに近い天后のバタフライ・オン・ヴィクトリア

 

香港島では立地的に便利なコーズウェイベイに泊まろうと思っていました。

でも調べてみるとコーズウェイベイにあるホテルは高い!時期にもよると思うのですが、私が泊まった時期はどこも1泊$300以上と(日本円で25000円程度)バジェット・トラベラーの私達には高すぎる!

 

 しょうがないので妥協してコーズウェイベイまで歩いていける天后にある、バタフライ・オン・ヴィクトリアホテルに泊まることしました。

 

ホテルからトラムの停留所からは歩いて2分、MTR天后駅からは徒歩4分。

コーズウェイベイからトラムなら5分もかからないし、歩いても10分でホテルまで帰って来れるので、歩くの大変かな…と最初は思っていたけど全然そんなことなかったです。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170510131500j:plain

 部屋は3人で泊まるため、どうしてもエクストララージサイズのベットがある部屋に泊まりたかったので、1泊$200(日本円で16500円)のピュアエアー・エグゼクティブルームと言う部屋に宿泊しました。

 

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170510194534j:plainf:id:RnMtravelwithkids:20170510194441j:plain

4GのポケットWifiがあり、無料で使えたけど我家は使わず。旅行先でもネットを沢山使う人には便利なサービスだと思います。このホテルはノボテルよりもさらに狭く、娘は6歳と小さいけど少し窮屈に感じました。

 

ホテル代を安くする方法について、色々紹介しています!

プーケット旅行の際に使った方法ですが、香港のホテルでも使える方法ですよ!

 

Booking.comでホテルを予約すれば、日本円で2000円相当が宿泊後クレジットカードに返金される!

 

今回私達はカンタスのマイルでホテルをとりましたが、いつも旅行に行く時はAirbnbかBooking.comで宿泊先を予約します。

ホテル予約サイトは色々あるけど、今までの経験からするとBooking.comが一番安く泊まれることが多いので、我家ではBooking.comを使うことが多いです。

 

普通に予約しても安く泊まれることが多いですが、Booking.comには友達紹介制度があり、紹介リンクからホテルを予約すると、宿泊後に日本円で2000円相当が登録してあるクレジットカードに返金されるんです!

 

もし家族にすでにアカウントを持っている人がいれば、そのアカウントから紹介してもらうのでも良いし、 こちらのリンクから予約しても2000円のクレジットが宿泊後に貰えますよ!

ただしアカウント毎に、返金されるのは1度だけなので注意。

 

友達紹介キャンペーンの詳細は下から確認してください↓

 返金のタイミングとしては、宿泊が完了したあとにBooking.comからメールで、大体いつ返金されるかお知らせがきます。私の場合はメールを受け取ってから7日間で、登録してあるクレジットカードに返金されましたが、人により多少違うようです。

 

返金を受けるにはBooking.comのアカウントがあり返金されるお金を受け取るクレジットカードを登録してあることが必要です。詳しくはBooking.comのページからチェックして見て下さい。

 

言葉が問題ないのなら、Airbnbも宿泊先の選択肢に加えてみよう!

 

もしもこの先香港を訪れることになった場合は、迷わずAirbnbを使うと思います。

Airbnbを使っても部屋が狭いことにはかわりないと思うけど、2部屋あるコンドミニアムに泊まれば1部屋に3人ぎゅうぎゅう(しかもベットひとつ)よりは快適なはず。

 

実際に調べてみたら同じようなロケーションでも、ホテルよりずっとリーズナブルな値段で2部屋あるマンションに泊まれることが分かったので、英語が話せる人は是非Airbnbも宿泊先の選択肢の一つに加えてみて下さい。

 

Airbnbを利用してみようかな?と思っている方は、こちらをどうぞ↓Airbnbを20回以上利用している経験から、Airbnbを安全に利用するヒントを紹介しています。

  

香港3泊4日の旅行で(家族3人)でかかった費用はこちら!

 

今回の旅行のホテル代は3泊中2泊がマイル利用で、実費で払ったのは1泊のみの$200でした。香港に寄った飛行機代は実質無料。

 

あとはオーストラリア$500分を両替し、エアポートトレイン、タクシー、食事、お土産を買い、ちょっとおつりまで来たので全部で$700(日本円で57000円くらい)と、低予算で済みました。

ちなみに香港で一番お金がかかったのは交通費でした。

 

まとめ

 

日本からも近く食べ物も美味しい香港は子供連れにもぴったりの旅行先だと思います。

ホテルが高いのが少しお財布には痛いけど、観光地もぎゅっと中心部に集まっていて移動にそれ程時間もかからないのも、子供連れには助かります。

 

我家の娘も香港の文化に触れたり、街歩きをしたりして、3泊4日の旅行を存分に楽しみことが出来ました♡

 

次回は子供と一緒に楽しめる香港の観光地について、実際に娘を連れて訪れた場所を紹介したいと思います!