私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド

【手づくりアポロ】8種類のオリジナル・アポロが作れる!アポロキットを使って娘と一緒にアポロを作ってみた感想♡

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181108210807j:plain

今日は日本で購入した、手作りアポロキットを使って、娘と一緒にお家で実際にアポロを作ってみた感想を書いてみようと思います。

 

正直、想像していたよりも難しく「事前に知ってたら、もっと上手に作れたのにな…」と思うことが色々あったので、それについても紹介してみようと思います。

 

我家の夏の定番おやつ♡簡単に作れる上に美味しい!冷凍バナナチョコの作り方はこちらをどうぞ↓

 

子供でも簡単に作れる!切って煮込むだけのABCスープはこちら↓

材料はシンプルだけど、野菜本来の優しい味がしてお勧めです♡8歳くらいなら、ほぼ一人で作れますよ!

 

目次:

 

こんなのが売っているなんて知らなかった!明治『手作りアポロ』と、『作れるきのこの山』を購入♡

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181108201945j:plain

お台場のデックス東京ビーチの中にある、台場一丁目商店街のお土産屋さんで、明治が出している『手づくりアポロ』と「作れるきのこの山』を発見!

 

自分で作れる系のものに弱く、またアポロは娘の大好きなチョコレートだったため2つとも購入。オーストラリアに帰って来てから作るのを楽しみにしていました♡

値段は259円だったようです(写真参照)

 

早速作ってみました!中に入っていたのは、この6点

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181108202402j:plain

箱を開けてみると、中にはこのような物が入っていました。

 

  • アポロの型
  • チョコペン3本(ホワイト、ミルク、イチゴ)
  • ミンツ

作れるアポロの形は8種類。オリジナルから大きいサイズのアポロ、ケーキ、うさぎ、クローバーなど。

型の横には小さいハート型やお花形なども並んでいて、そこに余ったチョコを入れて固めることで、出来上がったアポロにデコレーション出来るようになっているようでした。

 

作り方は簡単!でも実際にやってみると思った以上に難しかった…

 

チョコレートの他に用意するのは、50℃のお湯とそれを入れる入れ物のみ。箱の指示にあったように作る前に型を水洗いし、ティッシュで水けをふき取っておきました。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181108203106j:plain

娘は日本語が読めないので私がかわりに読み、作るのは娘に任せてみることに。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181108203308j:plain

ポットでお湯を50℃くらいに温め、その中にチョコペンを投入!ミンツはシリコンのカップに出しておきました。5分ほど置いて、チョコレートが柔らかくなったところで型にチョコを流し込んでいきます。

 

が、ここで問題が発生!

 

最初の1つは問題なく型に入ったのですが、2つ目の型にチョコを流し込もうとしたところ、すでにチョコレートが硬くなっていてスムーズに出ない!

 

子供だから、作りながら「次はどんなのにしよう?」と考えると思うんですよね、そうすると作業も遅くなるわけで、その間にどんどんチョコはペンの中で固まっていき、多分5,6回は各ペンを温め直したと思います…(-_-;

 

ペンを温め直したりお湯を沸かし直したりするので忙しく、作業中の写真は撮ることが出来ず…。ペン先に詰まったチョコは温めても溶けずらく、数回先をハサミで切り直しました。

楽しいはずが、何度もチョコを温め直す作業に私も最後の方は苛々してしまって、娘に悪かったな…。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181108204033j:plain

それでも何とか全ての型にチョコを流し込みました。ミンツとかデコレーションしてる余裕は全くなかったよ…(・_・;)

 

ついに完成!お味は?

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181108204407j:plain

冷蔵庫で10分ほど冷やして完成!

出来は…微妙(笑)でも娘は嬉しそうにしていたので、良しとしましょう!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181108204533j:plain

ジャンボ・アポロは結構上手に出来たんではないかと思います。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181108204601j:plain

苺のケーキアポロ♡私が「早く早く!固まるよ!」とぶーぶー横で文句を言っていたのに、ちゃんと苺部分をイチゴチョコで作っていてビックリ!

 

後から思ったのですが、これは作ることを楽しむためにやるんであって、出来がどうのとか本当は関係ないんですよね…。

早く!早く!とせかしたりせずに、どうせ暇なんだから、じっくり楽しめるようにやらせてあげれば良かったな…と後で後悔しました。

 

さて、お味の方は……普通に買ったアポロの方が美味しいと思う!(笑)でも食べれない味じゃなかったです。これは作ることが目的と言うことで。

 

手づくりアポロを楽しく作るためのアドバイス

 

手づくりアポロを楽しく作るためには、作り始める前にどんな風に作りたいか、あらかじめ考えておくと良いと思いました。

そうするとチョコを温め直す回数を減らすことが出来ると思いますよ。

 

アポロをデコレーションする場合は、熱湯に5秒ほど浸したスプーンを出来上がったアポロに1、2秒当てるとその部分が溶けるので、素早くデコレーション(ミンツなど)を乗せればチョコにくっつきます。

 

手づくりアポロを娘と一緒に作ってみた感想

 

 正直な感想としては、思っていたよりも作るのが難しいな…ということ。

固まるチョコレートとの戦いになるので、事前にどういう風にチョコレートを流し込みたいのか考えておくとスムーズに出来ると思いました。

 

手づくりアポロは作るのが楽しみなのに、すぐに固まるチョコレートに焦って私がせかしてしまい、娘はあまり作るのを楽しめなかったよう…。

 

実際は形はどうあれ、出来上がりの味は同じだし、思い切って子供に好きなようにさせてあげるのも良いかもしれません!型は何回も使えるので、次回はリンツのチョコレートを使って、豪華版アポロを作ってみる予定です♡

 

また次回「作れるきのこの山」を作る時は、今日学んだことを思い出して、もっと楽しくスムーズに作れると良いなと思いました。

 

以上、【手づくりアポロ】8種類のオリジナル・アポロが作れる!アポロキットを使って娘と一緒にアポロを作ってみた感想♡でした。