私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド

【フィリップ島のペンギンパレード】ペンギンパレードのチケットが一番安く買える方法やペンギンが見やすい席、服装について詳しく紹介!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217104933j:plain

今日はフィリップ島で一番人気のペンギンパレードについて、ペンギンパレードのチケットが一番安く買える方法やペンギンが見やすい席、行く際の服装について詳しく紹介したいと思います。

 

私もペンギンパレードに行く際に色々情報収集したのですが、あまり情報を見つけることが出来ず、当日防寒対策が足りなくて寒い思いをしたりしたので、この記事が訪れる方の参考になれば幸いです。

 

子供連れで訪れたフィリップ島旅行記については、こちらをどうぞ!ペンギンパレード以外のフィリップ島の魅力についても色々紹介しています。

メルボルンを旅行するなら、こちらの記事も合わせてどうぞ!

 

 

【フィリップ島のペンギンパレード】ペンギンパレードのチケットが一番安く買える方法やペンギンが見やすい席、服装について詳しく紹介!

目次:

 

ペンギンパレード概要

 

ペンギンパレードの概要については、こちらに日本で詳しく紹介されているので、興味のある人は読んでみて下さい。

 

 メルボルンから約2時間!ペンギンパレードの場所

 

ペンギンパレードが行われるのはフィリップ島の西、Summerland Bayに面したビーチ。

フィリップ島はそれ程大きな島ではないので、島内のどこにいても車で30分もあれば着いてしまうと思います。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217104958j:plain

個人で車を運転してペンギンパレードにくる場合は無料の駐車場がありますよ。

駐車場はとても広く、ペンギンパレード終了後は暗くて車が探しずらいので、なるべく会場に近い場所に車をとめると良いと思います。

 

【予約必須!週末は売り切れることも】ペンギンパレードのチケットを事前予約で購入しておこう!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217105126j:plain

ペンギンパレードは人気が高く、ここ数年は外国から訪れる観光客もとても多いんです。また週末はメルボルンからも沢山の人が訪れるため、チケットが売りきれることが結構多いです(特に夏の時期)

 

実際私達が行った時は、ビクトリア州の3連休の週末で、土・日のチケットは一般席も全て売り切れ。

1ヶ月前にオンラインで事前購入していたから良かったけど、もしも当日チケットを買おうと思っていたら、遠くから来たのに見れなかったことになります。

 

そんなことにならないためにも、個人で行かれるなら必ずチケットを事前購入しておきましょう。

 

ペンギンパレード一般席の割引チケットはここから予約出来るよ!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217105147j:plain

私が行った時のペンギンパレードの値段表です。現在では少し値上がりし、一般席の値段は$26.20(大人)、子供は$13になっています。

 

個人でペンギンパレードに行く人で、少しでも安くチケットを購入したいなら、KLOOKからペンギンパレードのチケットを購入するのがおすすめ!

 

KLOOKからチケットを予約した場合、ペンギンパレードの一般席のチケット$24.80(大人)、子供チケットは$12.60と定価よりも割引価格で購入できます。

 

また、オフィシャルのHPからの予約では一切キャンセルが出来ないのですが、KLOOKからの予約なら予約した日の48時間前なら無料でキャンセルすることが出来ます。

 

ペンギンパレードは屋外で、雨の日だと夏でも寒くてペンギンを見るのが大変だと思うので、天気予報を確認してチケットをキャンセルすることが出来るのはポイントが高いと思いますよ!

 

フィリップ島を個人で訪れるなら、ペンギンパレードを含んだ3つの人気観光地のコンボ・チケット、3Parks Passが絶対おすすめ!

 

KLOOKではペンギンパレードのチケット以外にも、フィリップ島の3つの人気観光地のチケットがセットになった3 Park Passチケットが販売されています。

 

このチケットにはペンギンパレード(一般席)チャーチヒル・ヘリテージファームコアラ保護センターのチケットが含まれ$34.60で購入できます。

 

値段表とチケットの種類

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217105258j:plain



ペンギンパレード(一般席)に約$10(約820円)プラスするだけで3つの人気観光地を訪れることが出来るので、個人でフィリップ島を訪れるのならこちらのチケットがお得だと思います。

 

また、このコンボチケットもペンギンパレードのチケットと同じように、48時間前までならキャンセル出来ます。

 

ペンギンパレードの一般席と3Parks Passの割引チケットの予約方法はこちらに詳しく説明しているので、参考にしてください。

 

オーストラリアで車を運転するのは心配、でもペンギンパレードに行ってみたい!という人は、こちらのツアーがおすすめ!

 

メルボルン発のペンギンパレード・ツアーは多数あるのですが、日本語ガイドが付いたものはとても高いんですよね…。英語ツアーに比べて20%程割高に感じます。

 

前回友人がメルボルンに遊びに来た時に参加したのはこちらのツアー。

英語ツアーでもいいからメルボルンの魅力を満喫したい!出来るだけ割安なツアーが良い!と言う人にはおすすめ。

11時出発と出発時間が早く、他のツアーに比べて多くのメルボルンの見所をまわってくれます。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217105413p:plain

ガイドブックにも必ず紹介されているブライトン・ビーチカラフルなビーチハウスBeach Bathing Box)も、このツアーでは訪れましたよ♡

ここは最寄りの駅から徒歩で15分と、車がないと行くのが難しいのですよね。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217105437j:plain

その後はThe Moonlit Sanctuary Conservation Parkでカンガルーとふれあったり、動物のショーをみたりし、私のフィリップ島旅行記でも紹介している海沿いの歩道、Nobbieを訪れてから、最後にペンギンパレードに行きました。

 

Nobbieについては、こちらを読んでみて下さい↓

 

ホテルピックアップなのも便利だと思いますよ。またツアーは72時間前なら無料キャンセルも出来ます。

 

メルボルン発のペンギンパレードツアーを探している人は、一度チェックして見て下さい。ペンギンパレードの席によって値段は変わるけど、私達が行った時は11000円くらいだったと思います(ペンギンパレード一般席)

 

「ペンギンが間近で見たい!」「冬に行くけど、寒さが心配」と言う人は、こちらの席がおすすめ!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217111122j:plain

ペンギンパレードには一般席の他に、ペンギンが目の前を歩いてくるデッキ席(屋外)のペンギンプラス席、冬でも寒さに関係なくペンギンを見ることが出来る、室内のアンダーグラウンド席があります。

 

一般席よりもチケットの値段は高くなりますが、本当に目の前でペンギンが見れるので、1回しかペンギンパレードを訪れないならペンギンプラスの席がおすすめです。

 

ペンギンパレード席とアンダーグラウンド席については、こちらで詳しく紹介しているので、どの席にしようか迷っている方は読んでみて下さい。

ペンギンプラス、アンダーグラウンド席のチケットの予約はここから出来ます。一般席の予約ページとは異なるので注意!

 

ペンギンパレードに行くなら夏でも防寒対策を忘れずに!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217105557j:plain

私達がペンギンパレードを訪れたのは、まだ暖かい3月。

季節的には夏の終わり~秋にかけての時期でした。ただ夏でも夜は寒いと聞いていたので防寒対策はしていくことに。

 

私は上はユニクロの極暖の長袖春物のセーターと厚手のカーディガン、下はジーンズをはいて行きました。

娘は同じく極暖の下着長袖のワンピース、内側がボアになっているユニクロの厚手のジャケットタイツを着てペンギンパレードへ。

 

当日の日中の気温は22度。昼間は半袖で全く問題なかったので、夜でもこれだけ着ておけば大丈夫だろうと鷹をくくっていたのですが、これが甘かった…。

 

結論からいうと、凄く寒かったです!

 

7時を少し過ぎて、ペンギンパレードの一般席(屋外)に着いた時は余裕だったのですが、から吹く風が強くて冷たい!

しかもこの中をペンギンが来るまで約1時間も待つわけです。身体は段々芯から冷えて行き、最後の方はかなり寒く感じました…。

 

娘はユニクロのボアジャケットを着ていたので、私程寒く感じてなかったのが救い…。寒いとペンギンを観るにも集中出来ないので、ペンギンパレードをみに行く時は防寒対策をしっかりして行くことを強くお勧めします!

冬はダウンジャケット必須!

 

ペンギンパレードに持って行く、おすすめの物はこちら!

 

夏でも寒くなることが予想されるので、暖かい飲み物を保温出来る水筒に入れて持参するのがおすすめ。

 

また赤ちゃん連れでベビーカーをもって行くのなら、雨の時に付けるビニールのカバーを持って行くと風がしのげるので、全然暖かさが違うと思います。

子供連れの場合は、席で読める本や携帯のゲームなどがあると待ち時間に退屈せずに済むと思いますよ。

 

ペンギンパレードの時間は季節によって変わるので注意!行く前にHPでペンギンが浜に来る時間をチェックしよう

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217105622j:plain

ペンギンパレードのセンター内にあった写真を撮ったものです。

季節ごとのペンギンが浜にあがってくる時間が書いてあり、大体この時間から1時間前を目安に訪れるようにHPでも推奨してあります。

 

※時間は変わることがあるので、訪れる前にペンギンパレードのHPで確認しましょう。

 

ペンギンパレードには、どれくらい前に行っておけば良い?

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217105719j:plain

私達は3連休の週末に訪れたので、余裕を見て時間半前の6時半(3月のペンギン到着予想時間は8時)にペンギンパレードに到着しました。

 

随分早目に行ったのに、ペンギンパレードのセンター内はすでに大混雑!

入り口からペンギンパレードのある屋外に出るゲートまでは、すでに長蛇の列が出来ていました(ゲートはペンギンパレード開始1時間前にひらく)

 

ゲート前には1列に列が出来ていたけど、ドアは1つではないので、列に並んでいなかった人も他のドアから出ることが出来ます。

なので、個人的には列に1時間以上も前から並ばなくても十分に良い席に座ることが出来ると思いますよ!

 

ペンギンパレードの一般席は自由席なので、先に来た人から好きな場所に座ることが出来ます。ここでも席のとり合いのようなことはなく、それぞれ思い思いの席に皆ついていました。

 

結論から言ってしまうと、どれくらい早く来るかはその人次第

例えば最初にあまり良い席につけなくても、後で人が少なくなって来た時に席を移動出来るので、ペンギンを近くでみることは出来ます。

HPのアドバイスに従って1時間位前についておけば良いのではないかというのが、私の個人的な感想です。

 

ペンギンパレードでの写真撮影について

 

ペンギンパレードの写真撮影についてはHPにはこう書いてあります。

 

Sorry! No photography or filming is permitted at the Penguin Parade.

Penguins have sensitive eyes and a bright, sudden flash or unusual light can frighten or disorientate a penguin. To ensure penguins keep coming back to this special area we ask you do not use your cameras, camcorders or camera phones at the Penguin Parade.

引用:Penguin Parade - Phillip Island Nature Parks

 

これを読むと、ペンギンパレードでの写真撮影は一切禁止されているんだと思いますよね。私もセンターに入ってからは一切写真は撮りませんでした。

 

ところが夕日が沈んで来た頃、レンジャーの人から「夕日が沈んでからの写真撮影はカメラ、ビデオカメラ、携帯電話共に禁止です。もしも景色の写真を撮りたかったら、今のうちに撮ってしまってください」とマイクでアナウンスがあったんです…。

 

完全に禁止だと思っていたので驚きました。その後、景色と席に座っている娘の写真を2枚、またセンター内の写真も帰りに数枚撮りました。

 私が行った日は、日が沈んでからはペンギンの写真を撮っている人はみかけず。ルールを守っている人が多かったと思います。

 

写真に関しては、私の日が大丈夫だったからといって、「写真を撮っても良いみたいだよ!」とは言えないですが、同じようにアナウンスがあったのなら、撮ってもいいのではないかと思います。

 

※この記事に載せているペンギンの写真(一番上)はポスターを撮影したもの、もしくは次の日に別の場所で日中に撮影したもので、ペンギンパレードで撮影したものではありません。

 

 一般席でも十分楽しめる!ペンギンが見やすい席はここ!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217105745j:plain

写真は一般席の写真です。赤の席が一番ペンギンが良くみれる席、黄色が次にペンギンがみやすい席になっています。

オレンジの線は、人がこれ以上入れないように張ってあるロープ。ブルーの矢印がペンギンが海から上がって来て移動する方向になっています。

 

真ん中に近い席の一番前よりも、黄色い席の方が、例え後ろになってしまってもペンギンが移動してくる方向に席があるので見えやすいと、レンジャーから説明がありました。

 

席に関しては、ペンギンが浜に上がり始めてから20分位すると帰り出す人が出てくるので、最初後ろの席に座っていても、時間に余裕さえあれば後で移動し、砂浜の一番良く見える席に移動することが出来ます。

 

実際、私達も後ろに座っていたけど、25分ほどして移動し、砂浜の赤いラインの席で海からあがってよちよち歩くペンギンをみることが出来ました。

  

また席でペンギンをあまり見ることが出来なくても、ボードウィーク(通路)を通って帰る際に、歩いているペンギンをみることが出来るので大丈夫!

私達は100匹以上ペンギンをみることが出来ました。暗闇にペンギンの鳴き声が鳴り響き、不思議な雰囲気のなか帰路につきました。

 

まとめ

 

f:id:RnMtravelwithkids:20181217105833j:plain

長くなりましたが、ここまで知っていれば、何も知らずに訪れるよりもずっとペンギンパレードを楽しめると思います♡

 

娘も私もフィリップ島旅行のハイライトとして楽しんだペンギンパレード、寒かったけどやっぱり訪れて良かった♡

とても思い出深い体験になったので、これから訪れる予定の方も楽しんでくれると良いなと思います。

 

最後に、ここに書いた情報は私が実際に訪れた体験をもとに書いています。混雑や待ち時間等は時期によっても変わって来ると思うので、行かれる際は自分でペンギンパレードのHPを確認して下さいね!

 

以上、【フィリップ島のペンギンパレード】ペンギンが見やすい席や服装について詳しく紹介!でした!