私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド

【不味いと有名なVEGEMITE】ベジマイトの味や美味しい食べ方を紹介!

f:id:RnMtravelwithkids:20180822225739j:plain

今日はオーストラリアで有名な発酵食品、ベジマイトについて紹介してみようと思います。

 

オーストラリアでおすすめのお土産は、こちらを読んでみて下さい!


$2.5と安く、パッケージもお洒落で美味しい、バイロンベイクッキーはベジマイトよりもよっぽどお土産におすすめ!!


 

【不味いと有名なVEGEMITE】ベジマイトの味や美味しい食べ方を紹介!

目次:

 

ベジマイトとはどんな食べ物?

 

ベジマイトは上にも書きましたが、オーストラリアで作られている発酵食品です。ベジマイトは酵母エキスと塩で出来ているんだとか。

 

オーストラリアではベジマイトは人気で、娘の通っているキンダー(幼稚園)でもスナックやランチとして普通に登場。カフェの子供メニューでも良くベジマイト・チーズサンドイッチがあります。

かなり癖のある味ですが、小さい頃から食べているせいか、娘は普通にベジマイトを食べることが出来ます!やっぱり慣れですかね…。

 

さて、ベジマイトの一番一般的な食べ方としては、トーストしたパンにバター(またはマーガリン)と一緒に塗って食べます。朝食にこれを食べる人も多いと思います。

 

不味い!と有名なベジマイトの味は、本当のところどうなの?

 

f:id:RnMtravelwithkids:20180822232517j:plain

ベジマイトの色は茶色で、見た目は何も言わないとヌテラかチョコレートクリームのよう。でも匂いを嗅ぐと、味噌のようなお醤油のような…(発酵食品つながり?)強烈な匂いがするので、チョコレートクリームとは明らかに違うと分かります。

 

20年ぶりにブログを書くために味見してみましたが、味は…やっぱりあまり美味しくないと思います。癖があるので、初めて食べる人が「美味しいー♡」と言う味では、少なくてもないと思います。

 

個人的には『味噌っぽい』味。でも食べた後に口の中に残る後味が微妙で、ほんの少ししか食べてないのに、気持ちが悪くなってしまいました…。そして、あまりトーストには合わないと思う…(-_-

でもベジマイトだけだと味が濃すぎて食べられそうもないので、やっぱり何かと一緒に食べる方が良いと思います。

 

オーストラリア産まれの娘が教える、ベジマイトの美味しい食べ方❤

 

f:id:RnMtravelwithkids:20180822232501j:plain

ベジマイト好きの娘の話では、キンダー(幼稚園)ではベジマイトをクラッカーと一緒に、また野菜をベジマイトにディップスして食べることも多かったようです。

 

ランチとして登場する時は、バターとベジマイトを塗ったトーストにアボカドを乗せて、オープン・サンドイッチとして出されたようで、これが一番美味しくて好き♡とのこと。確かにアボカドでベジマイトの味が中和されて、少しは食べれるかも…(-_-

他にも目玉焼きを乗せてあげることも!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20180822232608j:plain

日曜日の朝には、ベジマイトにツナ・マヨネーズを乗せて出したりもします♡これも食べやすいと思う。

 

まぁ、個人的にはベジマイトなしで食べた方が味しいと思いますが!

 

チーズ入りのベジマイト、Cheesybiteは好き嫌いがわかれそう

 

実はベジマイトにはチーズ入りバージョンのチージーバイト(Cheesybite)と言うのもあります。これも今回味見してみましたが、私はこっちの方が駄目かも…(-_-;

 

チーズが入ってマイルドになり少しは美味しいかと思ったけど、このチーズとベジマイトは合わないかも…。そのままスプーンで食べたら、少し「おえっ!」となったので、味見する時には注意しましょう。

 

お土産に買うのなら、小さ目サイズが絶対おすすめ!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20180822233216j:plain

ここまで読んでも「オーストラリアのお土産に買って帰ろう!」と思う方は、このサイズのベジマイトがおすすめ!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20180822233301j:plain

小さいベジマイトが個装で10個入っていて、確か$3くらいだったと思います。オーストラリアの2大スーパー、Coles、Woolworth共に売っていますよ!

 

f:id:RnMtravelwithkids:20180822233410j:plain

一つのサイズはこんな感じ。娘はこのサイズでも朝食のトーストに2~3回ぬれると言っていました。味が濃いので、量は少な目に使うのが良いでしょう(特に初めて食べる場合)バターをたっぷり塗ると、割と食べられます!

 

ベジマイトだけじゃ食べられないと言う人は、上にアボカド、キュウリ、トマトを乗せると多少食べやすくなりますよ!ツナマヨネーズでも良いかも。

 

ネタとしてお土産に買ってみるのは楽しいけど、もしも大きなサイズだとあげた人が困ると思うので、これくらいの小さいサイズなら、万が一食べられなくても大丈夫だし、ちょうど良いかな?と思います♡

 

まとめ

 

たまたま娘にねだられて、2年ぶりくらいにベジマイトを買ったので、紹介してみました♡

 

上の記事を読めば分かるように、私はベジマイトが非常に苦手です…。苦手過ぎて20年ぶりのチャレンジでしたが、見事に撃沈!もう二度と食べることはないかもな…と思っています(-_-;

 

オーストラリアのお土産として人にあげるのは、あまりおすすめではありませんが、買うのなら小さいサイズがおすすめ!もしくはベジマイトを使ったポテチやお菓子もあるので、そちらの方が良いかもしれません。

 

以上、【不味いと有名なVEGEMITE】ベジマイトの味や美味しい食べ方を紹介!でした♡