私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

娘と一緒に旅し経験した、子連れ海外旅行ガイド♪

見たことを大後悔!?見たあとの後味が非常に悪い映画

 今日は、ここ数ヶ月間に私が見た『見終った後の後味が、非常に悪い映画』を紹介します。

 

私の好きな映画は、Happy Endがメインの映画、または少し切なく泣ける映画なのですが、旦那さんがこのようにバッドエンドの映画(ホラーも大好き)が好きなので、みたくなくても目にする機会が多いです。

 

今日は特に私を憂鬱にさせ、落ち込ませた映画6つを紹介したいと思います。

 

ジャンルは微妙に違うのですが、暴力、流血、人間の欲望などなど・・・。

見終わった後、落ち込むこと確実な映画ばかりなので、ネガティブパワーに負けないよう、元気な日にみることをお勧めします!(笑)

 

 

目次

 

 

ナイト・クローラー

   

 

あらすじ

 学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルーは、ある日、事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売るカメラマンたちの存在を知る。

さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、<ナイトクローラー>となり、夜のL.A.を這いまわる。

良心の呵責など1秒たりとも感じないルーの過激な映像は高く売れ、評価されるが、高視聴率を狙うテレビ局の要求はさらにエスカレートしていき、遂にルーは一線を越えるー。(アマゾンより引用)

 

感想

お金のため、目的のためなら何でもする。

色々な意味で、人間の醜いところが見事に描き出された映画だと思います。

 

最初はそんなことないけど、どんどん観て行くと気持ちがおもーくなってくるこの映画。最後は悪が捌かれることを期待したけど・・・。

見終わった後、何が正しいのか、考えさせられる映画でした。

 

  グリーン・インフェルノ

 

 

 あらすじ

過激な慈善活動をしている学生グループは、資源を狙った企業の森林伐採により絶滅の危機に瀕しているヤハ族を救おうと現地へ乗り込む。
しかし、彼らの乗った飛行機はエンジントラブルを起こし、熱帯雨林に墜落。

生き残った学生たちは助けを求めるのだが、そこにいたヤハ族とは、人間を食べる習慣をもつ食人族だった…。
捕らわれた彼は一人、また一人と喰われていく。(アマゾンより引用)

 

感想

あらすじにあるように、食人族に捕らえられてしまった、学生グループの映画なのですが、グロテスクです・・・。

ひとち、またひとりと色々な方法で人が食べられて行く様子が気分を憂鬱に・・・。

 

食人族には、人を捕らえて食べることがごく普通のことで、人を頃して食べることに全く悪気を感じず、映像は非常にグロテスクなのに、ほのぼの食事をしてたりするところが、また怖い!

でも私が一番もやもやして後味が悪かったのは、最後の主人公がした決断だったりしたんだけど・・・。

 

わらの犬

 

   

 

あらすじ

ロサンゼルスに住む脚本家デヴィッドは妻エイミーと共に、静かな環境を求めて彼女の故郷ミシシッピー州の田舎へと引っ越す。

だが、エイミーのかつての恋人チャーリーと再会した日から不穏な空気に支配され、やがて都会者を嫌う地元の荒くれ男たちを敵に回したデヴィッドとエイミーは、想像を絶す暴力の世界へと引きずり込まれていく・・・。

ラスト20分の非情な暴力描写は観る者を恐怖の底へ突き落す!(アマゾンから引用)

 

感想

 

最初から最後まで、なんでー?と思うことが多い映画でした。

ネタばれしたくないので詳しくは書きませんが、あなたもみたら「なんで?もっと早く普通気がつかない?もっと良い方法があったでしょ?」と思うはず!

リメイクだから、原作に忠実に作ってあるからなのかな・・・?

見てる途中、苛々して見るのをやめようかと思ったことが何度かありました。

 

最後の20分間は本当に暴力の連続!

ここでも、何でそうなるかな・・・もっと違う方法があったのでは?って思ったけど、旦那さん曰く「他の選択したら映画にならないし・・・(-_-)」確かにそうかも。

 

最後まで、救われない気持ちになる映画です。

田舎の小さい町が全部こんな感じだったら、絶対私は住めないよ!

 

 

デッド・オア・リベンジ

 

   

 

あらすじ

ジョージアの人里離れた場所に、トレッキングにやってきたアメリカの若者3人。
しかし、その地はかつてのグルジア戦争で地雷が撒かれたエリアだった。

3人は三角関係のもつれからケンカになり、ダニエルがその場を立ち去る。その直後、クリスが地雷を踏んでしまう。

 足を動かせば身体もろとも爆発することは免れない―。

 

そこへ通りがかった地元の男イリア。クリスを助けたくて何とかしようとするアリシアの心を操るかのように、イリアは要求を次第にエスカレートさせていき…。(アマゾンから引用)

 

感想

 これも見るのが辛い映画のひとつ。

中盤はだらだらとこの変体男イリアの異常行動と、地雷を踏んでいるため何も出来ない主人公のやりとりが続き、憂鬱度もピークに!

 

でもこの映画の一番救いようのないところは、最後の15分間。

最後の感想はきっと意見が別れると思います。

 

私は目には目を派なので、全然違和感なかったんだけど、それを旦那さんに言ったら、「16年近く一緒にいるけど、正直その感想にはショックを受けたよ・・・」と言われてしまいました(-_-;

意外なところで、自分の冷血なところが表立ってしまった映画でした。

 

 

 

嘆きのピエタ

 

   

 

あらすじ

生まれてすぐ親に捨てられ、30年間天涯孤独に生きてきた借金取りの男ガンド。

冷酷無比な取り立ての日々を送る彼の前に、突然母親だと名乗る謎の女が現れる。

 

女は本当にガンドの母親なのか?なぜ今、現れたのかー?疑いながらも、女から注がれる無償の愛に、ガンドは徐々に彼女を母親として受け入れていく。

ところが突然、女が姿を消して・・・。(アマゾンから引用)

 

感想

 

韓国映画には、こういう気持ちをずーんと重くさせる映画が多いんだけど、一番最近みたのがこの映画。

韓国については全然なにも知らないけど、いやー本当に嫌な映画でした。

 

借金取りの残忍な主人公が、30年間あったこともなかった、母と名乗る謎の女性に出会い、だんだん変わって行こうとするけど、やっぱり自分がした酷いことは、自分に帰ってくるんだろうか・・・と救われない気持ちになりました。

最後のシーンがまた、さらに気分を憂鬱にさせます。

 

 

火車ーHelplessー

 

    

 

あらすじ

結婚一か月前、両親宅へ挨拶へ行く途中、サービスエリアに寄ったムンホとソニョン。
コーヒーを買いに行ったムンホを待っていたものは、ドアが開いたままの車だけだ。繋がらない携帯電話、痕跡もなく彼女が消えた。

 

彼女を探すために前職が強力班刑事で親戚の兄ジョングンの力を借りるムンホ。しかし、家族も友人もいない彼女のすべては嘘だった。

失踪当日、銀行口座から残金をすべて引き出し、住んでいた家の指紋までも消していたソニョンの行動に単純な失踪事件ではないことを悟るジョングンは、彼女が殺人事件と関わりがあることを知る…。(アマゾンから引用)

 

感想

 

これもまた韓国の借金事情と絡んだ映画。

韓国の映画は、ひどく残酷で救われないタイプの映画が多いですよね・・・。

 

人間が本当に精神的に追い詰められたとき、どんな風になってしまうのかを垣間見たようで、背筋がぞっとするような思いをしました。

主人公の女性の、救いようのない背景が段々明らかになっていくのですが、なんとも救いようのない気持ちになります。

 

元気な日にみても、必ず落ち込むこと間違えなしの映画。

私としては、少し貴志祐介さんの青い炎を思い出させるストーリーでした(原作は宮部みゆきさんの火車だそうです)

Nocturnal Animals

 

   

 

この映画は、どうやら日本では公開されていないようなのですが、一番最近みたなかでも、気分が最高に落ち込む映画でした。

 

これは本当に起こったことなのか?それとこ彼の想像上だけのストーリーなのか?

 

大好きなAmy Adamsが出てるから、内容も知らずに借りたのですが、後味が非常ーに悪かった!

大人が出てくるこのタイプの映画は、沢山みてるから大丈夫なんだけど、子供が出てくる(私も娘がいるので)のはきつい・・・。

救いようのない気分が残った映画でした。はっきりしないエンディングの映画はやっぱり苦手!

 

今のところ英語でのDVDしかないようなので、日本語の字幕が出たら、興味がある方は見てみて下さい。

 

f:id:RnMtravelwithkids:20170513142857j:plain

まとめ

どれも同じくらい、後味が悪い映画なので、そういう映画が好きな方にはお勧め!

私は、普段落ち込みやすい正確なので、正直このような映画は苦手です。

こういう映画が好きなひとは、どんな時にみたくなるのかな?と不思議に思ったりしました。

もしみたら、是非感想を教えて下さい!

 

以上、見たことを大後悔!?見たあとの後味が非常に悪い映画でした